BTSへの韓国の反応が酷い?ユダヤ人団体も非難の声明!日本に来るなや消えろの声が殺到!

エンタメ

どんどん大きな話題になっているBTS。。。

様々な批判がありますよね^^;

ネット上でもたくさん上がっていましたので、まとめていきたいと思います!

 

BTSに批判殺到

ネットではBTSへの批判をはじめ、様々な意見が飛び交っています。

やはり批判の声が多いですねー。。。

日本の外に目を向けてみても、BTSに対する批判の声が多く見受けられます。

イギリスのBBCの記事では、CNNと同様に「原爆Tシャツにより、BTSのテレビ出演がキャンセルされたと」としています。

BTSのジミンが着ていたTシャツには日本に落とされた原爆が描かれていて、その原爆により、20万人以上の日本人が殺された、と伝えました。

さらにこれに対する日本人のBTSファンの反応も記載していて

「日本人のBTSファンの間でも、この原爆Tシャツを着用する行為は屈辱的だという怒りの感情を持った」

このように記載されています。

イギリスの報道では、日本を擁護し、結構突っ込んだ表現をしています。

スポンサーリンク


ユダヤ人団体も非難の声!

日本だけには留まらず、ユダヤ人団体の方々にも反感を買っているBTS。。。

なぜなのでしょうか。。。?

調べてみました。

韓国のヒップホップアイドルグループBTS(防弾少年団)が、過去にナチス親衛隊(SS)の記章がデザインされた帽子をかぶり、ナチスを模倣した旗を掲げるパフォーマンスをしていたとして、アメリカのユダヤ人団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が11月11日、声明を発表。同グループのメンバーや経営者らに対し、謝罪を要求した。

同グループをめぐっては、8日、原爆投下の写真がプリントしたTシャツを着用していたとして音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)の出演が急遽キャンセルになり、大きな波紋を呼んでいる。

サイモン・ウィーゼンタール・センターは、BTSのメンバーがナチス親衛隊のロゴがデザインされた帽子をかぶり撮影していたと指摘。

さらに、コンサートでナチスの軍服を想起させるような衣装を着用し、ハーケンクロイツ(ナチス党のシンボル)に類似したマークが入った赤い旗を掲げたとして、非難した。

このパフォーマンスは、2017年9月、韓国の歌手ソ・テジさんのデビュー25周年記念ライブでBTSがゲスト出演した際に披露された。11月12日時点で、ソ・テジさんのYouTubeにも動画が公開されている。

同団体のエイブラハム・クーパー副所長は、「原爆の犠牲者を嘲るTシャツを着用することは、過去を嘲るこのバンドによる最新の事例にすぎない」と強く非難。

これまでの衣装やパフォーマンス例を挙げ、「韓国や世界の若い世代に、偏見と不寛容さが”クール”であると特定させ、歴史から教訓を得る機会を失う」結果につながる、と指摘した。

原爆Tシャツとはまた別の時期にこのような衣装でライブをされていたんですね。。。

いくら時間がたっても、戦争で亡くなった方の家族の傷は癒えませんし、亡くなった方が返ってくるわけではありません。

そう考えますと、例え衣装であれ軽率なのではないか?と個人的に思いますね。。。

スポンサーリンク


韓国の反応

このBTS騒動を、韓国の主要メディアはどのように伝えているのでしょうか?

東スポを「極右性向メディア」

「朝鮮日報」(日本語版)は10日、「Mステが防弾少年団出演見送り、『原爆Tシャツ』を問題視」と題した記事を公開。Mステ出演見送りの理由を「日本の極右勢力」がBTSの番組出演に抗議したためだと思われる、と指摘した。

また東京スポーツの10月26日の報道にも言及、東スポを「極右性向メディア」と位置付けた。

名指しされた東スポの記事では、例の原爆Tシャツが韓国のインターネットニュースで10月中旬に紹介されていたことや、リーダーのRMが2013年の光復節(解放記念日)に「今日は光復節。歴史を忘れた民族には未来はありません」とツイートしていたことに触れ、「あまりに非常識」「反日姿勢を隠すことがない」などと批判的に取り上げていた。

そもそも「原爆Tシャツ」が日本で注目を集め始めたのは、10月中旬ごろ。SNSでの話題を「ZAKZAK」など複数メディアが取り上げたほか、高須クリニックの高須克弥院長もツイッターで反応するなどして拡散していった。

そのため東スポが初出というわけではないのだが、朝鮮日報では東スポの報道が騒動の背景にあると考えているようだ。記事では他に、日本国内のSNSで批判派と擁護派の意見がぶつかり合っているとも伝えている。

出演見送りは「日本メディアの難癖」

「中央日報」(日本語版)も名指しこそしないものの、今回の出演見送りの原因を東スポの「難癖」だとみているようだ。

9日付記事のタイトルは「『防弾少年団が反日グループ?』 日本メディアの難癖で、Mステ出演が突然見送りに」。記事では「最近、ある日本メディアが、メンバーのジミンが過去に着たTシャツを取り上げて防弾少年団が『反日活動』をしていると報じたことに伴うものとみられる」とした。

ちなみにこの中央日報は、東スポの記事が出た数日後に「”嫉妬した”日本、防弾少年団の揚げ足取り? 原爆Tシャツ『非常識』」というカウンタ―記事を掲載。この時は名指しで東スポを批判していた。

比較的穏やかに取り上げているのが「東亜日報」(日本語版)。「日本放送の出演前日にキャンセル通知を受けたBTS」という記事を10日に掲載した。

出演見送りの理由については「一人のメンバーが1年前に着ていた光復節(日本植民地からの独立記念日)関連Tシャツが波紋を起こしたという理由から」と説明しているが、SNS上で物議を醸していたことや日本メディアの報道については特に触れていない。

その一方で、11月7日に発売されたBTSのニューシングルについて言及し、「発売から3日間で日本国内で40万枚近くが販売され、人気を得ている」と説明。変わらず人気が高いことを示しているのが印象的だった。

BTSのことより、日本の批判をしているようですね。。。^^;

 

まとめ

日本での批判はもちろんですが、海外でも批判されているBTS。。。

これから、日本でのライブ等は行われるのでしょうか。。。?

来るなとの声も多いようですが。。。;;

今後も話題の動向を追っていきたいと思います。

 

▷BTSに日本活動停止求めるの声や終わったなど批判が殺到!ファンが怖いしなぜ人気なのか?

スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。