樹木希林は前の名前を売るも使い道は?左目の義眼の説は本当?

ニュース

女優の樹木希林さんが亡くなってから多くの有名人がコメントを発表されています。

それを見ていると本当に愛された女優さんだったんだと再認識する今日この頃です。

樹木さんのこれまでの活動を振り返るコーナーの中で、芸名が当初は違かったことを初めて知ったのでそのことを調べてみるうちに、

彼女の目のことも話題になっていたので一緒に見ていきたいと思います。

 

オークション番組でのハプニングでまさかの・・

1961年女優としてデビューをした樹木希林さんは、当初は悠木千帆という芸名で活動をしていました。

1977年にオークション番組にまさかの出品物がない状態!

そのため、悠木千帆という名前を競売にかけたそうです。

想像がしずらいけど、昔だからできた感じがしますね笑

22,000円で世田谷の飲食店店主に売却され、その後樹木希林に改名。

2004年にある女優に無償提供し、その人は2代目悠木千帆と名乗っているようです。

 

二代目・悠木千帆ってどんな人?

引用:http://www.chihoyuuki.com/headshots.html

本名 山田 和葉(やまだ かずは)
生年月日 1974年8月4日(44歳)
出生地 愛知県名古屋市
血液型 O
職業 女優

デビュー時は、本名の山田和で活動していたそうですが、2時間ドラマのエキストラなど、下積みの時期を過ごしています。

「悠木千帆」の芸名が山田和さんに譲渡され、二代目悠木千帆になられたそうです。

落札した人は最初はだれにも譲らなかったらしいです。でも山田さんだったらと譲り、その代わりがんばれ、と励ましたというエピソードがありました。

最近だと、とと姉ちゃんに出演されていました。約束通り頑張っていらっしゃいますね!

スポンサーリンク


樹木希林さんは失明した左目が義眼だった!?

樹木希林さんは2003年1月にいきなり左目がおかしくなり、病院で網膜剥離と診断を受けます。原因はわからず。

網膜剥離って何?

眼の中の硝子体という透明なゼリー状のもので満たされているんですが、網膜に穴や切り目が入るとその水分が網膜の下に沈み込んでしまい網膜がはがれてしまうようです。

前兆もなくいきなり見えなくなるなんて、想像もしたくない‥。

手術すれば高い確率で治ったのに、いままで色々見えすぎていたから、と手術をしなかったため完全に失明してしまったという流れみたいです。

眼の動きや見た目がちょっと違和感があったので、義眼じゃないかとうわさになりました。

樹木希林さんは説明されていたから、目に少し違和感があったんですね。。

きっと知らなかった方も多かったのではないでしょうか?

しかし、義眼説がこのように浮上していましたが、結局義眼は他の芸人さんだったんだとか。

義眼はピーコさん

樹木希林は義眼ではなく、義眼だったのはピーコさんだった説が有力かと筆者は思っております。

というのも、樹木希林さんとピーコさんについてごっちゃになっている方がすごく多かったので、どこかで尾ひれがついてしまったのでしょうか・・?

樹木希林さんが義眼だったという情報は得ることができませんでした。

 

まとめ

全てにおいて女優・樹木希林としての在り方を徹底していた印象を受けました。

手術を受けなかった点に関しては、え、なんで?と若干思ったりもしたけど、もしかしたら普通じゃ経験できないことを経験することによって女優としての糧を増やそうとしていたのかもしれません。

こんなに存在感があって面白い女優さんはしばらくは出てこないかもしれません。

本当に惜しい女優さんをなくしました。ご冥福をお祈りします。

次のページ

▷樹木希林『死なないと思ってた』亡くなったときのがんの状況は

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。