栗原勇一朗は何者で育ちや経歴は?サイコパスや精神病、発達障害の可能性?

エンタメ

今月24日に千葉県野田市で栗原心愛(みや)さんが虐待され死亡した事件で、父親である栗原勇一郎容疑者(41)が逮捕されましたね。

逮捕後、「ケガをさせるつもりはなかった」などと供述していますが、栗原容疑者を知る近隣住民からは、かなりヤバい人物として見られていたようです。

なぜ、虐待をしてしまったのでしょうか?

栗原勇一郎容疑者のある性格や素性について迫って行きたいと思います!

 

事件の概要

最近、子供を虐待死させる事件が後を絶たないですが、このような事件が起きるたびに心が痛みます。。。

栗原勇一郎容疑者はなぜ虐待をしていたのでしょうか?

まずは、事件の概要から確認をしていきましょう。

栗原勇一郎容疑者(41)は24日、長女の小学4年の心愛さん(10)に浴室で冷水のシャワーを掛けるなどしてけがをさせた疑いが持たれています。

救急隊が駆け付けた際、心愛さんはすでに死亡していました。捜査関係者によりますと、栗原容疑者は「しつけのためでけがをさせるつもりはなかった。言うことを聞かないので、怒って髪を引っ張ったりした」と話していることが分かりました。

浴室には心愛さんのものとみられる髪の毛が落ちていたということです。また、心愛さんの頭皮は一部、赤くなっていて体には複数のあざが残っていました。

警察は栗原容疑者が日常的に虐待していたとみて調べています。

なぜ育てている子供に暴力をふるうことができるのでしょうか。。。

心愛の体には、複数のあざが残っているということから、日常的に虐待があったことは間違いないようですね。

また、近所の方々からは「怒鳴り声が響いていた」や、「子供の泣き叫ぶ声が聞こえていた」など、凄まじかったことが明らかになっています。

スポンサーリンク


栗原勇一朗の生い立ち

ここまで酷いことをする栗原勇一朗容疑者がどういった生い立ちでどういった育ち方をしたのか気になりますよね。

分かっている情報は

名前:栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)

年齢:41歳(2019年1月の逮捕時)

住所:千葉県野田市山崎1921-2

職業:沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)東京事務所職員

家族:妻・嫁、栗原心愛さん(長女)、次女

です。

2017年夏に千葉県野田市に来る前は、沖縄糸満市に住んでいて、その時に既に児童相談所に虐待やDVを把握されていました。

(糸満市から野田市の児相に申し送りがされていました)

まだ現段階では、栗原勇一郎容疑者の生い立ちの詳細は分かっていませんが、もしかしたら、沖縄県育ちの可能性もあります。

栗原勇一郎容疑者は41歳で妻は31歳、栗原心愛さんは10歳です。

実子で血がつながっているという報道ですから、心愛さんが産まれた頃は、妻は21歳位という事になります。

その後、栗原勇一郎容疑者と妻は2011年に離婚して、2017年に(同じ人物同士で)再婚していますので、その間は別居していた可能性があります。

そして、2017年夏から千葉県野田市に転居し、今回の虐待死事件になりました。

2009年以前、つまり、心愛さんが生まれる前、栗原勇一郎容疑者がどこでどう育ち、どういった生活をしていたのか、具体的な生い立ちはまだ分かっていません。

年齢(41歳)的には、栗原勇一郎容疑者の両親も生きているかもしれませんので、コメント等しても良いのではないかと

思ってしまいますね。。。

スポンサーリンク


栗原勇一朗の会社、勤務先

正直こんなめちゃくちゃな父親が、しっかりと働いているはずがないと思ってしまっていたのですが、意外にサラリーマンをしていたようです。

沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)東京事務所と言う会社です。

この会社のことをちょっと詳しく調べてみます。

沖縄の観光などの宣伝や、観光客への案内など幅広くやっている官民一体型の会社のようです。

ここの東京事務所なのですが、下記の有楽町という東京の中心の駅にある、東京交通会館と呼ばれる巨大ビルの3Fにある会社です。

大きなセールイベントなどが行われる有名なビルです。

ここに栗原勇一郎容疑者がいたなんて。。。信じられません。

野田市から有楽町まではだいたい1時間半くらいです。

全然近くはないですな、残業がどれくらいあったのかは不明ですが、都内から野田市はかなり遠いイメージがあります。

沖縄県の観光PRなので、人と接する事も多かったのではないでしょうか?

東京でも有数の都会エリアで、銀座や東京駅、丸の内、などなどめちゃくちゃ大きなエリアの真ん中にあるような駅です。

しかしどちらかというと若者が多い場所ではなく、大人の街であり落ち着いているエリアです。

そんな有楽町にこんな凶悪な人間がいたとは驚きです。

しかも、沖縄という陽気なイメージとはかけ離れています。

栗原勇一郎容疑者は、観光関連のイベント運営業務などを主体として行なっていたようです。

仕事ぶりは真面目で、職員ともコミュニケーションも積極的に取っていたようです。

信じられませんね。。。

イベント運営業務なんてかなり色々な人とコミュニケーションをとるので、不審な人物ではなかったのではないかと思います。

虐待という負のイメージからは考えられないような雰囲気を感じてしまいます。

さらに仕事は真面目で、職員とのコミュニケーションも積極的とは意外すぎますね。

確かにイベントの運営であればコミュニケーションなどは必須ですし、他社の人間などイベントに参加してくれる企業ともコミュニケーションを頻繁に取らなければならないでしょう。

そんな人間が、家庭内で娘の心愛ちゃんだけでなく、母親にも暴力を振るっていたなんて。。。

しかし2019年2月5日現在、心愛ちゃんの母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されています。

もしかしたら、職場の同僚達が一番びっくりしているかもしれません。

 

栗原勇一朗の精神鑑定は?

殺人や傷害、放火などの刑事事件では、被疑者の精神鑑定をすることが多々あります。
被疑者の犯罪行為時の精神状態を精神医学的に調べ、責任能力があるか否かの判断を下さなければならないからです。
そして責任能力が完全に無いと判断されれば、罰することができないという判断になるそうです。。。

犯行時の精神状態は、正常でなかった場合は「心身喪失」と「心神耗弱」と2つに分類されます。

心身喪失と判断された場合は完全に責任能力が欠けているとされ、無罪となります。

もちろん無罪放免ではなく、精神病院に措置入院させられます。

しかし心身耗弱は、責任能力が著しく限定されている状態なので刑が軽減もしくは免除されることになります。
泥酔状態で心神耗弱と判断され、解せないこともあるようですが。。。

だいたいこうした精神鑑定は検察、弁護側双方が行うケースが多いですが、なぜか結果が異なることもよくあるので、なかなか難しいようですね。。。

DVや虐待についても精神鑑定は当然行われているんだろうが、心神喪失や心神耗弱と判定されたケースは、あまりないみたいです。

つまり病気ではないということだが即断はできない、といった感じでしょうか。

“人格障害”というケースもかなり多いからです。

DV加害者には、“自己愛性人格障害”や”境界性人格障害”などの人格障害のある者が一定数いると言われていて、栗原勇一朗容疑者も自己愛性人格障害なのではないかという噂がネットでは広がっていますね^^;

「虐待ではない、躾だ」という言葉が裏付けではないでしょうか。。。

しかし、今の段階では栗原勇一朗容疑者が精神病や、発達障害、自己愛性人格障害かどうかは確かなことは分かっていません。

スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。