栗原勇一朗に死刑にするべきの声?反省なしの悪魔な供述にアスペルガーの可能性も

トレンド

24日、小学4年生の栗原心愛さんが自宅で死亡し、

父親の栗原勇一郎容疑者が傷害容疑で逮捕されました。

この事件では、父親からの日常的な虐待の事実も次から次へと浮上し、児童相談所の過失が大いに認められ、防ぐことができた事件ではないかと悔やまれています。

本当に残念でなりません。

今回は、栗原容疑者に関し「死刑にしろ」などの声も上がっているようなので調べてまとめてみました!!

スポンサーリンク


児童相談所の落ち度

千葉県野田市の小学4年栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、栗原容疑者が「(事件当日の24日は)娘を廊下に立たせた。親としてのしつけで、間違いだとは思っていない」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。これまでに「しつけ」として顔をたたいたり、屋外に立たせたりしていたとも話しており、県警は虐待が常態化していたとみて調べている。
司法解剖の結果、心愛さんの死因は不詳だが、首に擦り傷があったほか、体に複数の皮下出血が確認された。当日は母親(31)と心愛さんの妹(1)もマンションの自宅にいた。

しつけ」と「虐待」の違いが分からない、どうしようもない父親ですね。。。

一刻も早く死因を究明し、栗原容疑者に重い罪が与えられることを祈っています。

そして騒がれている児童相談所の落ち度についててすが。。。

野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡しているのが見つかった事件を受け、心愛さんを一時保護した千葉県柏児童相談所などが28日、県庁で記者会見し、保護の解除後、児相と学校の職員が一度も家庭を訪問していなかったことを明らかにした。柏児相の二瓶一嗣所長は「解除の判断は妥当だったが、その後の対応は不足していた」と話した。
柏児相などによると、心愛さんは2017年9月に沖縄県から野田市の小学校に転入。同年11月に学校が行った調査で父親の勇一郎容疑者(41)から「いじめられている」と回答していた。同7日に心愛さんの右頬にあざが確認されたため、市が児相に連絡して一時保護した。
その際、心愛さんは「父さんが怖い」と話し、勇一郎容疑者からの暴力や暴言を訴え、母親がいない時にたたかれるなどと打ち明けたという。
保護から児相は、心愛さんや家族に計8回面接。勇一郎容疑者は虐待については否定したが、徐々に心愛さんとの関係が改善。心愛さんが帰宅を望んだこともあり一時保護を解除。一度親族に預けられ、18年3月上旬に自宅へ戻ったという。
二瓶所長は一時保護解除後に自宅訪問しなかったことを「もともと虐待の程度が小さかった。(解除後は)基本的には学校での見守りが中心だった」と説明した

児童相談所はなぜもっと子供の声に耳を向けなかったのでしょうか。。。

「計8回の面接を行って心愛さんと父親との関係が改善」と判断されたのはいいですけど、その一方的な判断でそれっきりだったのが、最大の過ちともいえますね。

だいたい「学校での見守りが中心だった」ってなんなんでしょうか。

虐待されていたのは学校でではなく家庭ですよね^^;

家庭での心愛さんの様子をもっと確認するべきでしたね。

本当に残念でなりません。

スポンサーリンク


栗原勇一朗はアスペルガー症候群?

今ネットでは、栗原容疑者がアスペルガー症候群なのではないか?という声も見かけられます。

まず、アスペルガー症候群とは?と思う人も多いのではないでしょうか。

アスペルガー症候群は、自閉症にみられる特徴(社会性発達の質的障害、コミュニケーションの質的障害、興味や活動の偏り)を共通の類似点として持っています。自閉症では知的障害や言語発達に遅れを伴うことがありますが、アスペルガー症候群ではそれらはありません。

知的レベルが正常であり、言葉の発達に遅れはないことなどから、一見すると「ちょっと変わった人」程度に認識されることもあります。しかし、アスペルガー症候群の方が社会生活を送る際に困難さを伴う点においては自閉症と相違はなく、治療を行うことはとても大切です。

アスペルガー症候群と自閉症には重複する部分も多く、近年は「自閉症スペクトラム」としてひとつの疾患概念に含めて考えられるようになってきています。アメリカ精神医学会による最新診断マニュアル(DSM-5)からアスペルガー症候群は削除されました。

アスペルガー症候群になってしまう原因としましては

アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラムについては、これまでのところ確実に断定できる原因はありませんが、先天的な脳の機能異常により引き起こされていると考えられています。

また、遺伝的な異常が関与することも疑われていますが、アスペルガー症候群の発症を引き起こす原因遺伝子は完全には特定されていません。

その他、妊娠中や出産時、出生後ごく早期の何らかの障害のために脳の特定の部分に障害が生じるのではないかと考えられています。

これらの要素が影響して、感情や認知、行動に関与する脳の形成(たとえば前頭葉や扁桃体など)に異常が生じることが推定されています。また、アスペルガー症候群では親の育て方、虐待、愛情不足などは原因とされていません。

アスペルガー症候群では、

  • 社会性発達の質的な異常
  • コミュニケーションの質的な異常
  • 興味や活動の偏り

の3つを特徴とした症状が出現します。

少なからず栗原容疑者に当てはまりますよね。。。

しかし彼がアスペルガー症候群だという確実な情報は流れていないのが事実です。

スポンサーリンク


栗原勇一朗に死刑にするべきの声も

「死刑にしろ」という声が多く見られます。

そういわれる理由として、あまりにも過酷で地獄ともいえる拷問の数々です。

・栗原心愛ちゃんが受け続けた拷問リスト
1. 日常的に殴る
2. 日常的に蹴る
3. 外出させない
4. 日常的に髪を引っ張って引きずり回す
5. 日常的に「しね」「ころしてやる」と言われ続ける
6. 日常的に家から出されて帰れない → 寒いけど我慢
7. 数日間、立たせたまま眠らせない
8. 数日間、何も食べさせない
9. 数日間、冷水シャワーをかけ続けた

殴る蹴るなどの暴力だけでも十分凶悪な虐待といえますが、命ある人間であることを無視した拷問の数々に多くの人が怒り、悲しみ、そして両親に対して死刑に匹敵する厳罰を、求めているとのことです。

なかには、「同じ希望を与えてから死刑にするべき」と激怒する人がいるほど、残虐なこの事件。。。

夢と希望に満ち溢れた未来が待っていたはずの少女は、だれからも手を差し伸べられることもなくこの世から去っていってしまいました。。。

 

ネットの反応

スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。