首の後ろが痛い!寝違えに効くストレッチと対処法は?放置するとヤバい?

美容・健康

朝起きたら首が回らない。。そんな経験って一回はありますよね^^;

1日で治ると思いきや意外と長引く寝違え。。

寝違えの原因や対処法についてまとめていきたいと思います!

 

首の寝違えの原因

実は寝違えの原因とは、「軽度の肉離れ」なんです。。!

人間の頭部は、正面から見た首の幅に対して中間の位置にあるのが望ましいのですが、睡眠中はどうしてもその位置からずれがちです。

長時間にわたって首がおかしな方向に曲がったままになっていると、首の筋肉が部分的な阻血状態となり、筋肉も凝り固まりやすくなります。

そのような状態で起床時に急に頭部を動かすと、寝違えが発生する、というわけです。

例えば運動をするとき、ストレッチをせずにいきなり激しい運動をすると筋肉を傷めてしまいますよね。

それと同じで、睡眠中に凝り固まった筋肉をいきなり動かすと、軽度の肉離れが起きるのです。

つまり、寝違えは寝ている間に生じるわけではありません。

寝違えの原因は睡眠中に作られますが、寝違えの炎症が発生するのは起床時なのです。。

 

正しい対処法

朝起きて「寝違えた!」と思ったら、とにかく楽な位置から首を動かさないのが大事です。

伊丹が出てから48時間程度は、炎症鎮痛成分が入っている冷湿布を貼るのもお勧めです^^

ただし長時間貼るのは避けてください!目安は1時間です。

 

むしろ炎症を悪化させる恐れも。。寝違えた直後にやってはいけないこと

「とりあえず動作確認しよう」と首を左右に倒してみたり、手で触ってみたりするのは良くありません。。

寝違えは炎症、つまり怪我です。

なるべく動かさない、触らないようにしてください。

伊丹や違和感を治そうと、首のストレッチをしたりもんだりするのもNGです!!

また、アイスパックや氷のうを使って長時間冷やすのもお勧めできません。

アイシングをすると、一時的な鎮痛効果は得られますが、血流が悪化するため、損傷部位の回復が遅くなる可能性があります。

このほか、炎症を起こした直後は温めるのも良くありません。

患部は熱を持っているため、温めると炎症を助長させてしまうおそれがあります。

 

放置すると。。?

悪化してなかなか治らないという声も多いみたいですね。。

寝違えの痛みは時間がたつと落ち着いてくるので、何も対処せずにそのままにしているという人も多いと思います。

実際に、寝違えというのは時間の経過で状態や痛みが改善するもの(放っておけば治るもの)がほとんどですが、1~2週間たっても痛みが治まらない、頻繁に寝違える、という場合は放っておかず、病院や診療所で診てもらいましょう。

寝違えの原因が実は内蔵の疲れにあった、というケースもあるんです!!

内蔵の疲れや痛みのため、睡眠姿勢が偏ったり、寝返りが少なくなったりして寝違えてしまうということが起こります。

思い当たる症状があるようでしたら、きちんと病院で治療を受けたほうがいいかもしれませんね。。

 

まとめ

今回ご紹介したのは、寝違えてしまった時の対処法ですが、それはたまたま変な姿勢で寝てしまった時に、なんとかしたい、早く治したいというためのものです。

変な姿勢というのは単に寝相が悪いというのだけではありません。

疲労やストレスが溜まっていることで、寝ていても身体の緊張がほぐれずに変な寝姿勢になってしまったりもします。身体の不調が原因で、寝返りをうつと痛みがあるからという理由で、同じ姿勢で長時間寝てしまっているという場合もあります。

いつまでたっても痛みがひかないという人や、頻繁に寝違えるという人は放置しないで、病院で一度診てもらってくださいね!!

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。