ノーメイクってどう思われる?女子のスッピンはスッピンじゃなかった!

美容・健康

女の子なら誰でもONとOFFの状態があって当たり前、常にONでい続けるのって難しいですよね。

だからちょっと出かける時とか、仲のいい人と会うときは油断しがち。

今回は自分以外からの目線でスッピンはどう見られているのかサーチ、個人的な意見も含めてまとめていきます!

スポンサーリンク


友達から見た自分のスッピン

▷気心が知れているから気にしない。

▷仲良い子の顔はいつも見ているから化粧をしていてもしていなくてもあんまり変わらんように見える

仲の良い友達は確かに友達のスッピンとか全然気にしないですよね。

自分のことになるとみんな自意識過剰になりがちな子もいて、「今日スッピンだからまじでブス」とか一人で言ってたりしますけど、友達の自分達からしたらあんまり変わっていないように見えることもしばしば笑

でも、あまり気心知れていない友達のいきなりのスッピンにびっくりした経験、皆さんもありませんか??

▷普段は真っ赤な口紅つけてファンデーション塗りたくっている子がいきなりスッピンで現れた時は病気かと思いました・・・

やはり、どんなに朝寝坊して忙しかったとしても、最低限のお化粧は心がけたほうがいいでしょう。

 

知らない人の前でのスッピンは?

大概の人はみんな自分のことで精一杯なので、知らない人のスッピンとか全然興味ないという人がほとんどだと思います。

ですが、TPOにあまりにも反したOFF感を醸し出しながら歩いているとかえって悪目立ちしてしまってあまりいい目では見られません。

これは気持ちの問題だと思うのですが、綺麗な人、美意識の高い人は、「見られる」状況に対していつもスキがありません

周りからの視線というのはそれほどまでに自分の意識や容姿に影響を与えます。

周りからどう見られているかというより、自分はどうありたいかが一番大事です。

 

彼氏の前でノーメイクはあり?

▷自分は全然スッピンでも気にならないけど、人前に出る時は恥ずかしいから気をつけてほしい。

▷スッピン見られたくないからって、寝るときくらいは化粧を取ってほしい・・・ほっぺの手触りが完全に素肌ではない

街中でのアンケートでもよく取り上げられる「彼女のスッピンはありorなし」の質問。

色々な考え方の男性がいるけれど、彼女のスッピンは見たくないと回答する男性も少なくありません。

これってどうなんでしょうか・・・

「スッピンも愛してくれない軽薄な愛情なんかいらない!」となる前に、彼氏の気持ちも考えてあげることも必要不可欠です。

いくら付き合っているとはいえ、人の気持ちは不変なものでしょうか?

男性も女性も、付き合いが長かったとしても、いつも付き合いたての時みたいに自分を気遣ってくれて嬉しくない人なんかいません。

付き合いが長くて彼氏が彼女への対応が適当で不満になるのときっと一緒です、男性だって、自分のためにいつも綺麗でいようとしてくれる彼女の気持ちは変わらないでほしいのです。

かと言って、寝るときも化粧をするとかではなく、スッピンも綺麗でいられるような努力をしてみましょう。

私の友達で彼氏と同棲している子は、彼氏が起きる前に起きて、さっさと簡単な身支度を済ませてしまうそうですよ^^

 

化粧はエチケット

整形大国である韓国の人たちは整形を「エチケット」だと考えるそう。

初めてそれを聞いてちょっとびっくりしましたが、美意識が高い女性はやっぱり尊敬できますよね。

整形はオーバーでしたが、私はおばあちゃんに化粧も大人の女性のエチケットと言われて育ちました。

うちのおばあちゃんは本当に綺麗でしたので、やっぱり若い頃からの美意識が彼女の美の根源なのだと感じます。

SNSでも芸能人の方の「今日はOFFなのでスッピンです♪」という投稿を見かけますが、ほとんどの方はカラコンを入れていたり、眉毛はちゃんと書いていたり、アイプチをしていたり。

本気のスッピンではないんですよね笑

美意識の高い女性の中では「薄々化粧」でスッピンという認識。

ですので、本気のスッピンで「今日スッピンなんだよねー」は本当に天使級の造形ではないと恥ずかしい思いをしてしまうかもしれないんですね泣

天使級もいずれは枯れていくので結局みんな気をつけようね!!

 

最後に

「ちょっとコンビニ行くだけだし、別にいいか!」

が積み重なってしまうと、どんなに元々が綺麗な人でも、その美意識の欠落が将来大きな差となって見た目に現れていくことでしょう

常にON状態でいることは疲れてしまいますが、適度に気をつけてあげることは心がけ次第でできると思います。

あまりにもON,OFFが激しいのがバレてしまうのもよくありませんし、気をつけなくても美しくあれるように、日々の心がけから初めてみてくださいね。

スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。