大坂なおみへの韓国の反応は?批判と称賛の声!

エンタメ

先日、全米オープンでセリーナを破り、見事優勝した大坂なおみ選手!

とても素晴らしい試合でしたが、今、様々な声が挙がっているようです。。

今回は韓国をはじめとする他国の反応をまとめていきたいと思います。

 

大坂なおみの見た目と国籍

大坂なおみはフィジカルが日本女性のフィジカルじゃないと思ったけどやっぱり・・・。

父親が中南米のハイチ人でハーフですね。

なぜか黒人女性のフィジカルのような強靭な面があって・・・。

やはり二重国籍ということが多く取り上げられています。

なおみさんは現在20歳ですのであと二年で国籍をどこにするか決めなければいけないわけですが。。

果たして肌の色や言語が国籍を決めるのかといわれるとなかなか難しいところですよね。

今までそうやって歴史が作られてきたわけですから安易なことは言えないですが、最後は彼女が決めることです。

彼女を国籍で応援する、ということはあまりしたくはないものですね。。

ただ優秀な選手だからこそ、彼女が欲しい!と思ってしまうのも大いに頷けます。

素晴らしいプレーヤーですもんね!!

 

他国の反応は賛否両論?

■  大坂の完璧な勝利だった。

■  三才の時からアメリカで育ったから米国女だね。

■  黒人の混血は優勝無効!

■  おめでとう。新しい人が登場して、より面白くなったな〜。

 

韓国の反応は?

勝者が何故ごめんなさいと言わなければならないんだ?本当に人種差別のような雰囲気だったね。気分が悪いわ。大坂なおみは謝る必要はない。あなたは誇らしい日本人であり、アジア人である。

ウィリアムズは、競技場のマナーでも負けていたし、ウィリアムズのファンもテニスファンとしてのマナーで負けていた。もともとウィリアムズ姉妹は審判に失礼なことを言うことで有名な人たちだ。今日もやっぱりその汚い一癖を存分に示した。そして、勝者に対してブーイングしたウィリアムズのファンもテニスファンとして恥ずかしい姿をあらわにした。

日本のキムヨナだね。ふふふ。

実力的にも競技マナーでも、ウィリアムズが完敗した試合だった。

今回の大会で大坂は実力を証明した。率直に言って、今回セリーナが押された試合だった。

このような意味深な発言であったり、批判であったり、素晴らしかった!と讃える声が飛び交っています。

アジア人として嬉しい!と自国のことのように喜んでくださっている方もいれば。。

少なからず韓国はスポーツにおいても、日本を強く意識しているところがありますので、なおみさんの優勝でもっと批判の声があるものかと。。思っていたら思っていたほどではなく。。

なおみさんを否定、というよりかは韓国の首相が安倍総理に送ったお見舞いツイートを完全無視して、まなみさんにおめでとうツイートをした、と怒ってらっしゃる方が多いみたいです。

どちらにしてもなおみさんにはあまり関係のないことなので可哀想ですね。。

でも確かに日国籍に是非なってくれ、と根回ししているように思えてしまうこともあるかもしれません。

便利なのですがSNSの難しいところです。。

スポンサーリンク//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

大阪選手とセリーナ選手の風刺画に批判殺到?

韓国に限らず他方の国で試合に関する内容に対してさまざまの声が挙がっています。

例えば今話題になっているこちらの風刺画です。

【AFP=時事】女子テニスのスーパースターであるセレーナ・ウィリアムスSerena Williams、米国)の風刺画を描いたオーストラリア出身の漫画家が、批判の嵐にさらされている。

人気児童小説「ハリー・ポッター」シリーズの原作者、J・K・ローリングさん(53)が10日、豪紙ヘラルド・サンに掲載された女子テニスのセリーナ・ウイリアムズ(36)=米国=の風刺画に不快感を示した。ローリング氏は自身のツイッターでこの風刺画を取り上げ、「スポーツ界で最も偉大な女子選手を人種差別と性差別で冷やかして笑い者にし、もう一人の偉大な女性選手を顔なしの小道具にした」と非難した。

たくましい体格で分厚い唇をしたセレーナが、試合中に飛び跳ねながら壊れたラケットを踏みつけている姿です。

この絵の作者のナイト氏が、自身のツイッターに絵を投稿したところ2万2000件のコメントが寄せられ、そのほとんどは批判的なものでした。

ふたりの女性の、テニスの一試合でこんなにも世界が動くなんてある意味すごいですよね。。

 

まとめ

いろんな意見がありますが、決して大坂なおみさんが悪いことをしているわけではないですし、まだまだ若いですのでこれからのご自身のために周りもいい環境を作っていけたらいいのではないでしょうか?

今後も動向を追っていきたいと思います!

次のページ

▷セリーナウエアが禁止?奇抜すぎて「度を越している」と問題に

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。