プリキュアで男キャラのアンリの声優は染谷俊之!男で変身したのはアンフィニだけじゃない?

エンタメ

今、ネットではプリキュアの男キャラの話で持ち切りですね!

なんでもプリキュアが「男の子だってお姫様になれる!」と叫んだことから、ジェンダーの多様性に切り込んだ歴史回になったことから話題になっているようです。

そんなプリキュアの男キャラについて調べましたのでまとめていきたいと思います!

 

プリキュアに登場するアンリって?

HUGっと!プリキュア』の登場人物で、輝木ほまれの旧知の友人。ほまれやはな達より1つ上の中学3年生。
ジュニアフィギュアスケーターで、ほまれとの親交が始まったのもフィギュアスケートが切っ掛けである。
その腕前は世界レベルで、モスクワ等で開かれた大会で優勝するほど。美しい容姿もあって世間からは王子様として騒がれている時の人である。

初登場は第7話。ラストシーンにて突如現れほまれを抱きしめる、という衝撃のデビューを飾った。
ほまれがスケートで挫折したことにショックを感じており、彼が初登場した第7〜8話ではほまれのアスリート人生のことも考えて彼女をモスクワへ連れて行きスケーターとしての高みを目指させようとしていた。将来的には、アンリはほまれとコンビを組んで、アイスダンスにもチャレンジするつもりのようである。

父親はフランス人、母親は日本人だがはなにハーフ呼びされた際は「半分じゃない、大和撫子とパリジャンのダブル」と主張しており、自分のルーツに誇りを感じていることが窺える。
周囲の空気を全く気にせず自己主張を真っ直ぐ述べる性格のため独善的な部分が目立つが、自分に対しての反論を面と向かって言い返した相手に対しては、その相手の価値観をちゃんと理解しようと努める柔軟性も併せ持つ。

このアンリという少年は先ほども少し触れたとおりジェンダーなキャラクターのようです。

スポンサーリンク


中性的な美少年というのはプリキュアシリーズでも出てくる方だが、アンリは彼らとは少し異なり両性具有的な雰囲気を感じさせる稀有なキャラクターである。作中では彼の美しさは「性を超越した美」と褒め称えられている。
アンリ自身は自分の美しさを気に入っており、割とナルシスト気味。ファッション的な側面においては「自分に似合っていれば女子物だろうと関係ない」としてレディース物を好んで着用する。学校でも校則の範囲内で制服の女子的な着こなしをすることもある。
周囲からはいわゆる女装男子として奇異の目で見られることもあるが、彼は「なりたい自分」に素直であるだけであり、男子的な服装が嫌いなわけでは決してない。「自分に似合っている」と思えば男女子関係なく着こなす、いわゆる「ジェンダーレス男子」である。

実際にアンリは男の子とも女の子ともどちらにも見えるが同時にどちらでもないような微妙なラインでデザインされており、アンリの性別の印象は着ている衣服によって決まると言っていい。
男子物の服を着れば男子に見え、女子物の服を着れば女子に見えるような容姿なのだ。
キャラクターデザイン担当の川村敏江の力量のほどが伺える。

彼自身はトランスジェンダーではなく性自認は男子だが、「女子らしさ」や「男子らしさ」を定義づけようとするジェンダー的な世間の目線はくだらないと一蹴しており、同時にその立場を公言している。
このような言動からジェンダー系ヘイト行為を受けることも度々あるが、彼自身はスルーして感情的になる事はない。だが、他人が同じようなジェンダー系のヘイトや差別を受けて傷つけられているのを目の当たりにした時は反抗心を露にする。
もっとも「他人のために自分が頑張るなんて面倒臭い」を信条とするアンリは人助けなどしているつもりはなく、「くだらない差別を目の当たりにするのは自分にとって不快だから」それをなくそうとしているだけである。
彼はジェンダー的な行為に限らず、原則的に他人が悩んでいたり苦しんでいたりするのを快く思えない素直なお人好しであり、自分が動くことで自分にとって不快な光景をなくせるならば、手を差し伸べることに躊躇しないタイプの人物なのである。『情けは人の為ならず』を本当の意味で実践しているとも言えるだろう。

 

話題のキュアゴリラとは?

スマイルプリキュア第17話。
ゲスト出演したFUJIWARAの2人がバッドエナジーの拘束を跳ね除けたことで、キャンディから6人目のプリキュアではないかといわれ、原西孝幸が変身…しようとしたプリキュア。
だが当然変身することはなく、相方の藤本敏史からは「変身できてへんやんけ!」と突っ込まれた。
しかし、このギャグによってアカンベェが笑って体勢を崩したため、結果としてプリキュアの勝利に貢献した。
その後はFUJIWARAの持ち芸のひとつになったようだ。

1度きりの登場にもかかわらず、しっかり変身バンクっぽいシーンも用意されている(スマイルパクトは代わりに携帯を使い、変身中の効果音は全て原西のアフレコ)。
キュアキャンディのときといい、このスタッフ、ノリノリである。
ちなみに決めゼリフと変身ポーズは原西が自分で考案したもの。
口上は「ピンクのハートは愛あるしるし」などの『フレッシュプリキュア』のものに沿った形になっている。

娘の影響で『フレッシュプリキュア!』から見始め、「何とかプリキュアに出るのが夢」と語っていた原西にとっては、『ハートキャッチプリキュア!』、『スイートプリキュア♪』と間を挟んでついに夢が叶ったことになる。

そして、HUGっと!プリキュア42話、初の正式な男性プリキュアであるキュアアンフィニの登場回で(おそらくは男性プリキュアという共通点から、セリフ無しでのカメオ出演ではあるものの)
別世界のプリキュアシリーズ作品でまさかの6年ぶりの再登場を果たした。

前番組の「スイートプリキュア♪」の主人公・北条響がゴリラの物まねを披露したことから、彼女もキュアゴリラと言われることがあったりなかったりするようです。。。笑

スポンサーリンク


それにしてもFUJIWARAの原西さんにしか見えないですよね笑

ダウンタウンDX』において、「FUJIWARA原西はプリキュア8人の変身シーンを覚えた」として、
その内のキュアピーチキュアパインキュアパッションの決めポーズを披露。
キュアベリーは娘専用なのでしなかった。いろいろと相違点はあるものの非常にキレがよい。
藤本からは「お前がやると全部ギャグに見える」と突っ込まれた。

また、変身シーンの説明時に衣装が装着されることを「カチーン、カチーン」と表現しており、『スマイルプリキュア』放送時の変身シーンで再現された。
この番組に限らず、『クイズ!ヘキサゴン』など他の番組でもポーズを披露している。

 

若宮アンリの声優・染谷俊之

生年月日:1987年12月17日

年齢:30歳

出身:神奈川県横浜市

身長:173センチ

体重:56キロ

血液型:A型

好きな食べ物:オムライス

職業:俳優・声優

2009年「若手イケメン俳優コンテスト」で200名を超える俳優の中からグランプリを獲得し、俳優。モデルとして買う訳されています。

映画「ウォーターボーイズ」を見て役者の仕事に興味を持ったそうです^^

それでも、大学生時代は教師を目指していたということなので、もし教師なっていたら学校では大変な人気になっていたでしょうね。。。

染谷さんを有名にしていったのは、アニメなどの世界を舞台化したものへの出演でした。

・2011年「遥かなる時空の中で2」

・ミュージカル「テニスの王子様」

2015年「Messiah メサイア―鋼の序章―」

などを演じ絶大な人気を獲得していきました。

「染様」「そめくん」などの愛称で親しまれています。

その他にも、ドラマや映画・CMなど数々の場面で活躍されています。

そんな染谷さんがプリキュアの男キャラ、アンリの声優をされています。

初の男子プリキュアの声優さんにぴったりのイケメン声優さんですよね^^

スポンサーリンク


ネットの反応

スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。