宮川紗江を取り巻く黒い陰謀とは?会見で体操協会の膿が露わに…

ニュース

先日からのニュースで話題になっている、体操の宮川紗江選手(18)。

「宮川選手に対するコーチのパワハラ」について、ワイドショーなどでは色々と言及されていましたよね。

宮川選手のコーチがしたとされるパワハラ行為には、指導中に髪の毛を引っ張る、素手で叩く、馬乗りになって殴るなどが挙げられており、「馬乗りになって殴るはやりすぎ、選手の身に危険を感じる」などと言われていましたが、当の宮川選手は「パワハラを受けていたという意識はない」として、コーチに洗脳されているのではないかなど囁かれていたのが会見前。

しかし、いざ宮川選手が会見でパワハラ問題について言及すると、全くもって別の問題が浮き出てきました。

今回のパワハラ騒動、そこには体操協会の古い体質、つまり私利私欲の陰謀めいたものがあったようなのです。

今回はそのことについてまとめていきます!

 

「コーチから指導はあったがパワハラはなかった」

会見を行う前にも、宮川選手は一貫してこの主張は曲げていませんね。

というのも、「馬乗りになって殴られたことはありません」とした上で、「コーチから髪を引っ張られたり叩かれたことはありますが、どれも命に関わる場面では厳しく指導されました。」と話されています。

私の友達にも小学生から体操をしていた子はいましたが、指導はみんなそんな感じだったようですね、私の友達のコーチは女性だったため、女性ならではの嫌な言い方や精神的な追い込みみたいなものもあったようで、、ですので筆者としてみれば、速見コーチだけが今回のように騒がれるのもなんだか違和感はありました。

そして、会見の中で宮川選手の意味深な発言が飛び出します。

「パワハラをしているのは速見コーチではなく、体操協会です。」

…何ィ!!?

 

宮川選手にパワハラしているのは体操協会?

宮川選手が会見で話した大まかな内容

「(速見氏に)暴力の話が出ている。あのコーチはダメ。だからあなたは伸びない。私なら速見の100倍教えられる」と詰問された宮川は、暴力行為の証言を求められたが拒否。「先生を家族も信頼して一緒にやっていく」と答えると、「家族でどうかしている、宗教みたいだと高圧的に言われた。家族もコーチも否定され、おかしくなってしまいそうだった」と明かした。

塚原本部長に対し、最初に恐怖を感じたのは2年前の冬。日本協会の「2020東京五輪特別強化選手」制度がスタートしたが、強化方針が具体的でないという理由で宮川は名を連ねず。すると16年12月19日、同強化本部長から宮川の自宅に電話があり、「2020に申し込みをしないと協会として協力できなくなる。五輪にも出られなくなるわよ」と言われた。脅迫に近い内容のため、コーチや家族と相談し、日付と内容をメモした。(yahoo!ニュースより)

いやはや。。。齢18の女の子にこんな形で圧力をかけてくる大人がいるなんて。

宮川選手が意思を曲げないのを受けて、「家族でどうかしている」という選手の家族までもを侮辱する発言も、協会の人間として以前に人として問題ですね。

スポーツ選手がこのような形で会見を開くこと自体、異例なことらしく、会見は非常に注目されていました。

宮川選手自身、自分の全種生命を潰す事になりかねなかったかもしれないのに、勇気を振り絞って声をあげられて素晴らしいですし、今回の彼女の発言がなく、速見コーチも泣き寝入りするしかなかったとしたら、体操協会の膿は陽の光にさらされることはなかったでしょう。

 

体操協会の陰謀とは?

塚原夫妻に関係が深い朝日生命への移籍を、関係者から勧められたこともあったという。宮川は「最初から速見コーチの過去の暴力を理由に、速見コーチを排除して朝日生命に入れる目的なんだと確信に変わった」とし、「権力を使った暴力だと感じる。これらのパワハラの事実を認めていただきたいと切に願います」と話した。(yahoo!ニュースより)

宮川選手は、世界選手権やオリンピックでメダルを取れる選手と言われていたそうで、選手としてもとても優秀な方です。

そして今回問題として浮上したのは「体操協会からのパワハラ」。

その内容の根源にあるのは「宮川選手に朝日生命に入ってもらい、そこで収益を得たい」という協会の私欲です。

宮川選手自身、会見では「自分で言うのも言いにくいんですが、ずっと私が世界選手権やオリンピックでメダルを取れる選手だと言われたので、朝日生命に入れば利益を得るので、私を朝日生命に入れるためにはコーチの存在が邪魔だということで力が働いたのではないか」と発言しています。

宮川選手が朝日生命に入ることはできたのでしょうが、ネックは速見コーチの存在でした。

宮川選手は速見コーチから5歳の時からずっと指導を受けていたそうですが、朝日生命に入れば速見コーチからの指導は受けられなくなってしまいます。

というのも、速見コーチが所属しているエンジョイジムナスティックスチームとの兼ね合いがあったからなのでしょう。

簡単に速見コーチと宮川選手が一緒に朝日生命に移るという運びにはならなかったのですね(こうなっていればそもそも波風は立たなかったのかと思いますが。。)

そうしようとせず、協会側が速見コーチの過去の指導を引っ張り出してきて罪を被せて、体操の世界から消そうとしたところ、宮川選手が会見で真相を暴露してしまい、陰謀が全てが裏目にでるといった形となりました。

 

首謀者は強化本部長「塚原千恵子」と夫

宮川選手が加入させられそうになった「朝日生命体操クラブ」は、数々のオリンピック選手を輩出してきたことでも知られる名門教室ですよね、体操選手の背中に「朝日生命」と書いているのを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

塚原千恵子氏は朝日生命の女子監督を務めているのです。

そして結構謎なのは、クラブの校長には夫の塚原光男氏、総監督には息子の塚原直也氏が就任していていこと。

夫婦と息子の独裁体制って、もう危ない匂いしかしないです。

夫婦で高校生の宮川選手を朝日生命に入れるために、速見コーチのパワハラを認めさせようとし、「速見佑斗コーチのパワハラを認めないと五輪に出られなくなる」「(速見コーチの)暴言を認めないと、あなたが厳しくなる。あのコーチはダメ。だからこそ伸びない。私は速水より100倍良く教えられる」 などと、塚原千恵子氏と夫の塚原光男氏から、圧力をかけられたそう。

これこそ権力を使った圧倒的なパワハラですよね。

スポーツ選手を食い物にする協会の陰謀しか感じないです。

また、宮川選手が会見で話したことについて、塚原副会長は「全部嘘」と答えています。

18歳のスポーツ選手が会見まで開いて嘘をつくとは思えません。

この発言も大きな非難を浴びました。

 

会見を見た人の声は?

何か、まともな協会ってないの?って思っちゃう。
選手をそっちのけで、権力や自分らの私利私欲のことしか考えてない。

物凄い会見!レスリング、ボクシング、この反社会勢力のように、立ち居振舞いながら権力を構築して取り巻きもおいしいおこぼれをありつこうとする姿勢、アスリートファーストって言葉、協会は使ってはいけないね!

そもそも夫婦で協会仕切っているってどういう事?

十代の若い選手がなぜこんな会見をしなければならないのか、協会幹部も含め周りの大人たちはいったい何をしているのか。協会の在り方を考えた方がいい。

最近アジア大会や、迫る東京5輪に向けたスポーツ界の動きが活発になることで、協会に潜む膿がどんどん露呈していますね。

そもそもスポーツは選手ファーストであるべきなのに、結局年寄りがその選手を食い物にして、自分たちの利益にしか目がないのは説明するまでもないです。

これからもまたスポーツ界の不祥事などが明るみに出てくるのでしょうが、こういった影の存在を完全に排除することができるのはいつんあるんでしょうか。。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。