沢田研二の炎上エピソードに老害や何様の声!劣化しすぎの太った理由やいつから太ったのか調査!

エンタメ

先日、さいたまスーパーアリーナでの講演を急遽中止した沢田研二さんがネットで話題になっています。

炎上エピソードだったり、劣化がすごいとのことでしたので調べてまとめていきたいと思います!

 

沢田研二のプロフィール

本名:澤田 研二
別名:ジュリー
誕生日:1948年6月25日
生誕地:鳥取県鳥取市
出身地:京都府京都市
最終学歴:京都府立鴨沂高等学校中退
所属事務所:渡辺プロダクション(1967年 – 1984年)
ココロ・コーポレーション(1985年 – )

ジュリーの愛称で親しまれている沢田研二さん。

ご本人が、当時舞台や映画などで活躍されていたアメリカの女優、ジュリーアンドリュースさんのファンだったことから、沢田さん自身もジュリーと呼ばれるようになったそうです。

一度目の結婚

1975年にザ・ピーナッツという双子デュオとして活躍されていた、伊藤エミさんとご結婚されました。

お二人の間には、息子さんがお一人いらっしゃり澤田一人(かずと)さんという言うそうです。表には全く出られていないので、現在音楽関係の仕事をされていると言う噂ですが、本当のところははっきりしませんね。

女優・田中裕子さんと再婚

映画「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」での共演をきっかけに、田中裕子さんに好意を抱いた沢田研二さん。

結局奥さんの伊藤エミさんとは離婚し、8年後に田中裕子さんと再婚されました。

沢田さんは、ロックバンド「ザ・タイガース」のリードボーカルとして、1967年2月5日にシングル「僕のマリー」でデビューしました。

2ndシングル「シーサイド・バウンド」で爆発した人気そのままに、続く「モナリザの微笑」「君だけに愛を」のヒットで一気にグループサウンズの頂点へと踊り出たザ・タイガースでしたが、中でも端正なルックスの沢田さんは10代女子を中心に熱狂的な人気を博されています。

ザ・タイガース解散後の1971年、次なるバンド「PYG」に参加。

それと並行して、同年11月1日にシングル「君をのせて」でソロデビューも果たしています。

1973年発売「危険なふたり」で、ソロ転向後初となるオリコン1位を獲得!

第4回日本歌謡大賞を受賞するなど、その人気を確固たるものとしたと言われています。

スポンサーリンク


全盛期の面影はどこへ?劣化しすぎの声

沢田さんの若い頃は国民的アイドルとして絶大な人気を誇っていたそうです。

中世的な顔つきで特に10代の女性から高い支持を得ていたようですね。

毎回ステージやコンサートで着る衣装も注目を集めていました。

しかし、現在の沢田さんの姿に劣化しすぎ、太りすぎ、という声が集まっています。

当時のを知るファンからするとびっくりするくらい太られましたよね。。^^;

腰回りもだいぶ太くなっているのが分かりますね。

あまりにも太った沢田さんの姿に「病気?」という疑惑も浮上しましたが、太った原因は食生活と太りやすい体質にあるといいます。

若い頃はだいぶストイックな生活で無理に痩せていたそうですが、年を取るにつれてその意識が薄れていったそうです。

 

沢田研二の発言に何様の声

歌手の沢田研二さん(70)が10月17日、全国ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を開始直前に中止した。沢田さんは理由として、観客数が9000人と聞いていたが7000人であったこと、死角でもない席が潰されていたことを挙げた。

沢田さんは以前からイベンターや事務所に「ライブをやるなら客をいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ」と言っていたという。自身に同会場でライブをやる実力がなかったとも述べているが、

「約束を破っていながらスカスカの状態でやれというのは僕には酷だと。それは老人虐待にも通じることじゃないのって」

と発言し、各紙が報じた。これに対してネット上では批判的な声が上がっている

芸能界でもフィフィさんや乙武さんがツイッターで呟いておられますね。

フィフィさんは「やるからには満員にして欲しい。スカスカの中でやらせるとか、老人虐待に通じるものがある」という発言に対して、「虐待されたのはファンだよね」とツイートした。これに対してリプライ欄には、

「虐待という表現残念です。自分の事しか考えていないし、やりたくないのにやらされてるようにも受け取れる」
「ガッカリしました。遠方からのファンは、飛行機代もホテル代も全部返ってこないのに」

など沢田さんに厳しい声が相次いだ。一方、「チケットが売れてないのは随分前から分かってたことで、イベンターが事務所と本人に進捗を相談して進めてればこんなことにはならなかったんじゃないのか」など、批判されるのは沢田さんだけではないという声も寄せられた。

乙武さんもツイッターで「スーパースターにしかわからない境地なのかもしれないですね。だけど、集まった7000人の気持ちはどうなるのかなあ」と投稿。さらに、

「いまの私には、応援していただけることのありがたみが本当に身に沁みる。転落してみて、つくづくそう感じる」

と自身を振り返った。乙武さんは2011年、複数女性との不倫スキャンダルが発覚。しかし今年10月、車椅子のホストを主人公にした『車輪の上』を刊行し、改めて注目されている。

その後フィフィさんの投稿は19日のお昼頃に削除されているようです^^;

厳しい声が多いです。

7千人も集めておいて公演しなかった、ということに関して批判が集中しているようです。

 

まとめ

今回のさいたまアリーナの公演中止については、賛否が分かれると思います。

プロ意識が高い、ととるのか、プライドをとった、ととるのか。。

私個人としては、来てくださった方々のために誠心誠意歌うべきだったのではないか?と思ってしまいますね。

スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。