霜降り明星のプロフィール!結成何年目でネタ作り担当は?面白くないの評価多数もなぜ優勝?

エンタメ

年に1回、毎年開催されているM‐1グランプリ!

2018年優勝は「霜降り明星」でしたね^^

おめでとうございます!

さて、そんな霜降り明星について調べたのでまとめていきたいと思います!

 

霜降り明星プロフィール

霜降り明星(しもふりみょうじょう)

結成年月:2013年1月

経歴:THE MANZAI2014 準決勝進出、M- 1グランプリ準決勝進出、第38回ABCお笑いグランプリ優勝(2017)

名前:せいや(写真左)

性別:男性

生年月日:1992年9月13日

身長/体重:163センチ/56キロ

血液型:A型

出身地:大阪

スポンサーリンク


名前:粗品(写真右)

性別:男性

生年月日:1993年1月7日

身長/体重:180センチ/56キロ

血液型:o型

出身地:大阪

お笑いコンビで特に漫才をしている芸人さんはボケとツッコミのどちらか一方がネタを書いている、ということをよく聞きますが霜降り明星の二人は、ふたりでネタを考えているのだそうです。

ネタ作りをする際には、二人がそれぞれ持っているアイデアや、お互いの意見をパズルのように組み合わせて作り上げているとか。。。

お笑いに関して意見が食い違ったり、言い合いをすることもあるそうですがお互いが納得する折衷案を取って決めるとのこと。

どちらかが一方的にネタを決めることはないみたいです^^

過去には二人で仲良くネタ作りをしている姿をSNS上に投稿されたこともありました。

この投稿は4年前なので、まだ結成1年目頃でしょうか。

初々しさがありますね!

どこかの廊下に座って、二人そろってネタ作りをしている姿が微笑ましいです。

床に置いてあるせいやさんのノートには、文字がびっしり書いてあるのが分かりますね。

結成5年でM-1グランプリ2018決勝進出となった霜降り明星の爆笑ネタはこうして二人でアイデアを持ち寄り、パズルのように組み合わせて作られているんですね!

スポンサーリンク


面白くないの声評価多数!なぜ優勝したのか

「霜降り明星」のネタは勢いがあって面白かったとの声が多かったです。

「霜降り明星」優勝で納得の声も多い一方で、納得いかない、面白くなかったとの声も多く賛否がありますね。

・和牛のほうが面白かった

・霜降り笑えなかった

・霜降りが優勝って、漫才の定義ってなんでしょうか

・漫才ってよりコントじゃない?

こんな声がありながらも優勝したということには何か理由があるのではないでしょうか?

誰でもどこかで必ず笑ってしまうポイントがあったのでは。。。?

「小さい頃」をテーマにはじまり、「小学校ネタ」に移行していきました。

だれでも経験したことがある、「小学校」というありきたりなシーン設定が視聴者の創造を掻き立て、「笑い」を誘う漫才になったのではないでしょうか^^

和牛の漫才テーマは「おれおれ詐欺」、ジャルジャルのテーマは「ジャルジャルです。で目立ちたがる」って考えると、

「霜降り明星」の選んだ設定は一番理解しやすかったかもしれませんね。

 

ネットの声

 

まとめ

2018年M-1グランプリの優勝コンビは「霜降り明星」でしたが、個人的には予想外の結果でした。

決勝進出した今年最後の「ジャルジャル」、連続決勝敗退の「和牛」のネタが大好きなので、どちらかに優勝してほしかったです。

特に、和牛のネタの完成度は高かったと思うのですが、ハードルが上がっていて、初出場の「霜降り明星」の新鮮さが評価されてしまったのかな~と感じました。

スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。