貴乃花親方は統合失調症で引退か?年収やステロイド使用疑惑も気になる

エンタメ

大相撲の元横綱、貴乃花親方(46)が本日、日本相撲協会に退職届を提出されたというニュースが入ってきました。

そんな貴乃花親方あ統合失調症だったのではないか?筋肉増強剤のステロイドを使っていたのではないか?年収はいくらと注目が集まっています。

気になったのでまとめてみました!

 

貴乃花親方は精神疾患?

まずは本日25日に提出された退職届について少し触れたいと思います。

大相撲の元横綱貴乃花親方(46)が25日、日本相撲協会に退職願を提出した。

貴乃花親方は、昨年11月に弟子の貴ノ岩が、元横綱日馬富士に暴力をふるわれ、けがを負わされた傷害事件を巡って、協会の体質などを批判。報告の遅れや貴ノ岩の聴取を度々拒否したことなどで今年1月、理事を解任された。その後も協会執行部との対立は続き、2月の理事候補選に立候補したが、落選。

3月には、同親方の弟子の貴公俊(当時十両)が付け人に暴行を加える事件が発生。「一兵卒として出直したい」と話し、自身への理事解任処分など、協会運営に問題があったとして内閣府に提出していた告発状を撤回した。

びっくりですよね。。

貴乃花親方が引退を示唆する言葉をウェブサイトで綴ったことについて、落語家の立川志らくさんは日本相撲協会に疑いの目を向けておられます。

志らくさんは

「みんなで寄ってたかって「貴乃花親方はこの相撲界にいらない」ということなんでしょう」

と嫌悪感を示しながら、

「今までの横綱としての実績や、協会を変えようとした行動力を考えたら、貴乃花親方を残すような道を示してあげないといけないと、私は思います」

との見解を示してます。

ここで貴乃花親方の実績やプロフィールを簡単に説明しておきますね^^

貴乃花光司(1972年8月12日生まれ)は、東京都杉並区出身の元大相撲力士、第65代目横綱、大相撲指導者です。

1994年(平成6年)11月場所後ついに横綱昇進が決定した。11月23日に行われた昇進伝達式で「謹んでお受け(致)します。今後も『不撓不屈』(自身大関昇進の伝達式でも用いた)の精神で、力士として相撲道に『不惜身命』を貫く所存でございます」と使者に答えた。

新横綱で迎えた1995年1月場所は初日に武双山に敗れ、1994年9月場所初日から続いた連勝は30でストップした。8日目に魁皇にも敗れたが、14日目に1敗の武蔵丸を破り、千秋楽は13勝2敗で並んだ武蔵丸との優勝決定戦を制し、自身初の3連覇を達成。新横綱の優勝は15日制になってからは、大鵬隆の里以来史上3人目。3月場所は曙との13勝1敗同士の相星決戦となり、敗れて4連覇は逃したが、翌5月場所でも2場所連続で曙との相星決戦となり、雪辱を果たして14勝1敗で優勝した。7月場所では14日目に優勝を決めたが、千秋楽に曙に敗れ、13勝2敗で終えた。翌9月場所でも14日目に優勝を決め、千秋楽は曙を押し出しで破り、自身2度目の3連覇を全勝優勝で飾った。11月場所は初日に琴稲妻、7日目に土佐ノ海に取りこぼして早くも2敗。中日以降は順調に白星を重ね、14日目まで12勝2敗で兄の若乃花と共に優勝争いのトップに立った。千秋楽では若乃花が武双山に敗れ、自身も武蔵丸の注文相撲に屈したため12勝3敗同士の史上初の兄弟優勝決定戦が実現。若乃花の右四つからの下手投げで敗れ、4連覇を逃した。この年1995年(23歳)、プライベートでは8歳年上の河野景子と妊娠6ヶ月でできちゃった婚約(のち結婚)をし、世間を驚かせた。

1996年は年明けから3場所連続で14勝1敗の成績を残した(1月場所は同部屋の貴ノ浪優勝決定戦に進出したが、河津掛けで敗れた)。3月場所から9月場所では自身初の4連覇達成。9月場所は4度目の全勝優勝(これ以降、日本人力士の全勝優勝は2016年9月場所の大関豪栄道まで丸20年途絶えた)。さらに同9月場所で幕内連続12勝以上勝利が、北の湖の12場所を超える、13場所目の新記録(当時)を達成した(現在は白鵬に次ぎ歴代2位)。当時まだ24歳という年齢で、幕内優勝15回という実績や、ほとんど隙のない当時の取り口から考えると、大鵬や千代の富士の優勝回数の突破は、時間の問題とさえ言われていた。

素晴らしい選手だったのが伺えますね。。

そんな貴乃花親方ですが、統合失調用なのではないか??と噂されています。

かつて「平成の大横綱」と呼ばれた貴乃花親方。。

2017年10月26日に横綱日馬富士が貴乃花部屋の力士、貴ノ岩に暴行を加えた事件が起こり、その後約5カ月にわたって何かと世間を騒がせていたわけですが。。

理事から役員待遇委員への処分を受けてなお態度が一切変わらず、それどころか出勤拒否までしていたことなどから世間からは、「これはちょっと普通じゃない」と言われ始めていたようです。

もともと白鵬関を含むモンゴル力士への風当たりがかなり強いことで知られる親方ですから、強硬な手段に出れば「貴乃花は前々から。。」と言われるのは分かりますが、精神疾患と噂になる理由にはなりませんよね。。

いろいろ調べていて出てきた精神疾患の説がありますので紹介します。

付き合いのあった整体師に洗脳のようなことをされてしまったという噂があがったんですよね。

整体師の方は、父親である二子山親方に紹介された、鍼灸院『筋骨堂』の院長であった「富田多四郎」さんだとされていますが、この方は体の理論を脱線していつしか相撲のことまであれこれ言うようになったとか。

洗脳というと過激すぎる単語ですが、一緒の整体に通っていた若乃花関がそこに通うのをやめて以降、貴乃花親方が若乃花関をけなすような発言をする時期、過食などで相撲に陰りが見えだす時期が重なるともっぱらの噂なんです…。

整体師に洗脳されていることについては、主に貴乃花親方の実父とされる二子山親方がマスコミに発言したり、若乃花関が著書で「影響を受けている」という形で表現しているので、洗脳ではなかったにせよ考え方を変えさせたとあっては深い関係であることは間違いないでしょう。

「言うことを聞くこと」や「影響を受けること」が直ちに洗脳を受けているとはなりませんが、家族がマスコミに報告するぐらいですから、行きすぎな気はしますね。

「洗脳」が不仲を生んだのか、もともとプレースタイルを個人的によく思っていなかったのを家族が隠そうとして、責任を整体師に押し付けただけという斜めな推測もできますが…。

さて、洗脳については精神疾患の病名として「解離性障害」の状態であると言われますので、洗脳を受けている状態は紛れもない精神疾患状態であると言えるのです。

具体的な症状として自分の中で事実をゆがませるに留まらず、歪んだ事実に対する「極端な感情」を引き起こしてしまう場合も少ないとされています。

洗脳が噂になった過去と貴乃花親方の一連の行と合わさって『洗脳されている』と噂になっているということなんですね。

もしも、「洗脳」が本当だったならば、そしてまだその効果(嘘の記憶や印象)が続いているのならば……あながち精神を病んでいるというのも間違いではないのかも。。

そうだとしたら、お気の毒ですよね。それで今こんなに叩かれているなんて…。過去の洗脳騒動がなければここまで変な噂に発展することは無かったかもしれませんからね。。

それでも理事会にほとんど出席しないなどの極端態度は少々やりすぎな感はありますよね。

精神おかしいと言われてもあんまり文句言えないというか。。

 

部屋持ち親方の年収は?ステロイドを使用していたって本当?

一体年収はおいくらなのかと気になりましたので。。

役職 年収
理事 約2千90万円
副理事・役員待遇 約1千800万円
主任・参与 約1千300万円
委員 約1千500万円
平年寄 約1千200万円

毎月の給料

理事      約140万円

副理事・役員  約123万円

委員      約100万円

主任・参与   約85万円

平年寄     約78万円

こんなにもらえるんですね。。!エリートサラリーマン並みです。。

ボーナス(年2回の合計)

理事      約280万円

副理事・役員  約246万円

委員      約200万円

主任・参与   約170万円

平年寄     約156万円

羨ましい限りです。

勤続手当(年間)

勤続6年以上11年未満の者:6万円

勤続11年以上16年未満の者:9万6千円

勤続16年以上21年未満の者:13万2千円

勤続21年以上26年未満の者:16万8千円

勤続26年以上31年未満の者:20万4千円

勤続31年以上の者:24万円

在勤手当(年間) 協会在勤者のみに支給

委員以下:18万円

理事・副理事・役員待遇:48万円

理事長:60万円

その他にも細かい支給額があるみたいです。

全ての細かいお給料も合わせて先ほどの表の年収になります。

相撲協会の理事になるとかなりの金額がもらえますが、理事になるにはほとんどが三役以上の経験者なので、誰でもなれるわけではありません。

厳しい稽古を頑張って、勝ち上がったものだけが手にできる世界なんですね。。

簡単ではない世界です。。

しかし貴乃花親方は3階級降格してますので、お給料も大幅にダウンしていると思います。。

そして貴乃花親方の現役時代にステロイドを使っていたんじゃないかという噂ですが結論から言うと噂の一人歩きのようです。

貴乃花親方の痩せ方がおかしい、というところから始まった噂みたいですね。。

当時筋肉がすごかったので余計にそう言われているみたいです。

スポンサーリンク


ネットの反応

様々な声が上がっていますが、すべて裏付けがあるわけではなくあくまで憶測の域から出ないものが多いです。。

 

まとめ

あれだけニュースやSNSで騒がれていたらどれだけ体が強い人でも心はしんどくなるのではないかなぁと私自身は思います。

なので精神疾患かどうか、まして洗脳されていたかどうかは定かではないのが結論です。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。