貴乃花親方 相撲協会のパワハラでかわいそうの声、これからどうなる?暗殺の可能性も?

エンタメ

大相撲の元横綱で年寄の貴乃花親方が25日、日本相撲協会に退職にあたる「引退届」を提出、都内の法律事務所で記者会見を開き、その背景、理由、今後の身の処し方などを明らかにしました。

ネットでは、貴乃花親方がかわいそう。。これからどうなるの??といった声や、暗殺を心配する子も挙がっています。。

気になったので調べてみました!!

 

相撲協会がパワハラ?

貴乃花親方が会見を開いた2時間後には、日本相撲協会の芝田山広報部長が会見を開き、「圧力」は一切かけていないと真っ向から否定しました。

果たしてどちらが正しいのでしょうか。。

調べると色々な声があったので大きく2つに分けて検証したいと思います。

親方一門への所属義務の問題

7月の理事会で決められたものだが、6月に高野派に地文が消滅していて、この決定は宙に浮いた貴乃花親方ら、元貴乃花一門お親方8人を対象にしたものである可能性がたかいですよね。。

この日、芝田山広報部長はこのルールを作った理由を「助成金などが開出ている関係上、お金の流れを透明化して、公益財団法人のガバナンスを強化することが目的だった」と説明しました。

うーーん。。私の個人的な意見ですと、それならば7月の理事会が終わった時点でメディアに公表してもよかったのでは?と説明力に欠ける気がしますね。。

すべてを内々で済ませようとしてしまう姿勢が、体質自体が組織のガバナンスとして問題ではないでしょうか?

貴乃花親方は、この一門所属の義務が決められたことについて

「(一門制度は)長く続いているもの。単に否定はできないかと。それ以上のコメントは差し控えたい」

と言葉を濁しています。

 

「無実無根だと認めなければ一門にも入れず廃業」という圧力の存在

もしこれが事実だとすればこれはパワハラ認定される問題ですよね。。

すでに報告業務違反で、教会の理事を解任され、年寄にも2段階降格してる貴乃花親方。。

「一兵卒として粛々と審判を務めていた」とパワーの失せた貴乃花親方を、追い詰めているとの見解があってもおかしくはないですよね。

貴乃花親方がこの期に及んで嘘をつくとは思えないですが。。

しかしNHKのベテラン記者からの質問をテレビで拝見した時、「あぁ少し思い込みが激しい方でもあるんだなぁ」と貴乃花親方について感じたのも素直なところです。

 

今後はどうなるの?

貴乃花親方は記者会見で、今後の相撲とのカカワイ方などの質問に対し、日本相撲協会に残ることについてはご「ございません」と明言し、

少年に相撲を教えたい

強くなった若力士、相撲道に取り組んだ力士たちが、すくすく親方になっても。。公益法人として勉強しなら、新しい発展につながるようになってほしい」

と願いも交え語りました。

千賀ノ浦部屋に移籍する弟子たちに向けて、「弟子でなくなっても、弟子という気持ちで関わっていきたい」とも思いを語りました。

花田虎上さんも

「相撲道と今まで話していた弟だから、がんばってほしいという気持ちはあったが」と前置きした上で、「もう決断したことだから、そういう生き方だというのは拝見していた。これからどうするのか、兄としては心配になる」

と言及されております。

まだこれからについては、あまり公表されていないので今後が気になりますね。。

 

相撲協会の闇、暗殺の可能性も

調べていて目に留まったのは「暗殺」という言葉。。

大鳴戸親方怪死事件を覚えているだろうか。
1996年、週刊ポスト紙上に大鳴戸親方と
タニマチである大鳴戸部屋後援会副会長の
橋本成一郎が八百長を告発。

その後、大鳴戸親方の著作として
八百長?相撲協会一刀両断が同年出版された。

しかし、出版と同時に予定されていた
日本外国特派員協会での会見直前、告発者である
親方とタニマチが同じ日、同じ病院(愛知県の藤田保健衛生大学病院)
同じ病名(原因不明の肺炎)で数時間違いで死亡した。

告発者の大鳴戸親方と、元大鳴戸部屋後援会副会長の橋本成一郎氏が
「まったく同じ日に、同じ病院(愛知県豊明市の藤田衛生大病院)で、同じ死因(レジオネラ肺炎)」で二人とも死亡したのです。

…こんな偶然がありますかね?

結局この件はいろいろと噂が飛びかいますが、なぜか「病死」として処理されてしまいます。

そして実は、日本相撲協会はこの一連の事件について、大鳴戸親方橋本成一郎氏が「怪死」するまで、告発に対する何の対抗措置もしていないのです。

事件の1ヶ月後の5月22日にようやく週刊ポストの記事の一部に対して日本相撲協会は名誉毀損として刑事告訴しますが、もともとの告発者である二人がすでに死亡しているので、不起訴処分になってしまいます。

つまり、「何もなかった」のと同じです。

日本相撲協会がこの件で何も動かなかったのは、結果的にまるで二人が死ぬことをあらかじめ知っていたようじゃないですか?

…「死人に口なし」ということわざがぴったり?

これを踏まえて、貴乃花親方も暗殺されるのではないか?とSNSで心配の声があがっています。。

さすがにないかとは思いますが。。。。

もしも、本当にあったら、と思うと怖いですね。

まとめ

テレビプロデューサーのデーブさんが

「(貴乃花親方が)この若さで辞めるのはあまりにも惜しいし、もったいない。告発状は取り下げたのだから、相撲協会も、みみっちいですよ。事実無根とそこまで言い張るのは」

「(貴乃花親方が)この若さで辞めるのはあまりにも惜しいし、もったいない。告発状は取り下げたのだから、相撲協会も、みみっちいですよ。事実無根とそこまで言い張るのは」

と言っておられるのですが、本当にその通りだな、と思います。

貴乃花親方の本当の心境もよくわかりませんし。。

なんか釈然としないですね。

一門にも入ろうと思えば我慢して入れたわけですし、、気持ちの面は別としても。。

告発状の内容に関してもですがこだわりすぎなところもあるのかなぁと個人的に思いました。

これからどうなっていくのか動向を追っていきたいと思います。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。