松原タニシ新たな事故物件の場所はどこ?借りたらマジでやばかった!

エンタメ

「事故物件に住みます芸人」こと、松原タニシさん。

今の所5件連続で事故物件に住み続けているらしいですよ、、、肝が座りすぎている(滝汗)

タニシさんは新宿にある事故物件を探しに行きたいということで、取材の方と一緒に不動産屋さんと事故物件巡りをされたそうです。

そして今回入居が決まった事故物件とは一体どんな場所なのでしょうか?

【スポンサーリンク】


タニシ、新たな事故物件へ移り住む

(キリンのポスターなど)出典:http://news.livedoor.com/article/detail/15164745/

(真っ赤な窓枠)出典:http://news.livedoor.com/article/detail/15164745/

(無数のキリンのスタンプ)出典:http://news.livedoor.com/article/detail/15164745/

共用スペースの壁はホラー映画のように汚れている。

エレベーターのボタンを押すと、ボロボロのエレベーターが、ゴウン……ゴウン……と騒音を出しながら降りてきた。

入り口のふすまにはビッチリとポスターや写真が貼られていて、大きいキリンのポスターが印象的。

室内は確かに広く、新宿で10畳の部屋に住める人とはなかなかのセレブリティな気分になれる。

部屋には窓が3つあったが、この窓もおかしかった。まず窓枠が真っ赤に塗られていた。そして1つの窓は床スレスレの場所にあった。床にある窓なんて今まで見たことがない。

そしてすぐ隣の高い位置にも窓があった。こちらはなぜか鉄柵がしてある。そしてこちらは押しても引いてもまったく開かない。意味のない開かずの窓。

風呂場にはキリンのスタンプが無数にペタペタと押されており、さすがに松原さんも少し動揺「え? ここにもキリンが?? 何これ……」

(ライブドアニュースの記事より抜粋)

ここをタニシさんに紹介された不動産屋さんも「一人では入れない物件だ」というほどですから、よっぽど”イヤな雰囲気”のお部屋なのでしょう。

常人には耐えられそうにもない空間ですね、2日後には発狂しそう。

ここの入居者の方のほとんどが外国人のようです、お家賃が安いのとこういう雰囲気の建物は海外には多いので、慣れていらっしゃるのでしょうか?

 

取材の方が体験した事故物件の特殊清掃の現場

「かなり死体は傷んでおり、死体から出た液体が床を侵食していた。

頭蓋から剥がれた頭皮が髪の毛とともに、現場に残されている。

1部屋は和室だったが、ベッドから垂れた液体は、畳に侵食し、そのまま床板まで染み渡っていて、アパートの2階だったが、もうしばらく発見が遅ければ1階に液体が垂れている可能性が高かっただろう。

実際、液体やウジが天井から落ちてくるのを発見して、室内で人が死んでいるのがわかるケースが和室の場合はよくあるそうだ。」

「強烈な臭気が部屋にこもってしばらくは呼吸ができなかった。

コンクリ製で気密性が高いのに、どこから入ることができたのか、室内には大量のハエがいて、殺虫剤をまいてもまいても、なかなかいなくならなった。」

中々グロテスクというか、その情景が鮮明に想像できちゃって生々しいですね・・・

確かに遺体が発見されるまでに時間がかかってしまうと体が腐って皮膚が膨張し、そこから汁が出て大変なことになってしまうというお話は聞いたことがあります。

しかしそのことが分かってしまうと事故物件ってだいぶ怖い。。

【スポンサーリンク】


新居の間取りや場所は?

タニシさんの新居は新宿の一等地、最寄り駅から徒歩1分の場所にあるそう。

新宿の駅といっても沢山あるわけですが・・・

  • 新宿駅
  • 西新宿駅
  • 東新宿駅
  • 新宿3丁目駅
  • 新宿御苑前駅
  • 新大久保駅
  • 高田馬場駅

新宿区内の駅はまだ沢山ありますけれど、「新宿の駅」というくらいですから大雑把に見てこのそれかの駅の徒歩1分圏内にあるかと思われます。あくまで筆者の主観ですが・・・

部屋は12畳(キッチン含む。部屋は10畳ほど)で月6万円という破格の値段だったそうですが、もともとは8万円の家賃が2万円も安くなっているとの情報も。

さて、ここで事故物件を探す際に使うのは「大島てる」というサイト。

筆者も使ったことはないのですが、こちらのサイトは有名ですよね。

住んでいると心理的におかしくなる物件、殺人事件があった物件、自殺、腐乱した死体が見つかったなど、あまり良くない物件について調べることができます。

タニシさんのお住いの物件は以前「50代の男性が首吊り自殺をしています」と記載がありました。

新宿で、駅から徒歩1分圏内のアパート、首吊り自殺のあった物件、また、外人さんが多く暮らしている年季の入った建物のようなので、その辺で調べて見ましょう。

新宿3丁目とか御苑付近ではないのかな、飛び降り自殺は多いのですけれど、首吊りが中々見つかりません。

「一瞬自分の家の近くも調べてみよう」(筆者も新宿に家が近いのです)

最寄駅付近には全然「炎(事故物件)」マークがなく、「やっぱりここら辺は治安いいよね〜」なんて思っていたら「炎」がポツリ。

…背筋が凍りました、「炎」が今の私の家の真上に付いていて。

ここには1年半ほど住んでいるのですが、筆者の物件で少し前に首吊り自殺が起きていて私はそれを知らないで住んでいました・・・(タニシさん物件とは関係ない自殺です)

めちゃくちゃ私事ですが怖すぎるのでこれ以上調べられそうになく、興味のある方は「大島てる」で私の代わりに調べて見てください・・・まじですみません

 

住み心地はどうなの…?

  1. 部屋にクーラーがないため、死ぬほど暑い
  2. リフォーム業者が手抜きをして、施工の際に出た瓦礫を風呂桶の下に隠していった。そのため階下のヨーロッパ喫茶のキッチンに水漏れして大変だった
  3. 何もいじってないのに、テレビのチャンネルがパチパチと変わる
  4. 屋上に開かずの間があるのを発見した

私ならテレビのチャンネルが勝手に変わった瞬間にソッコー退去します。

本当やばいです笑

こういう状況を楽しめるなんてタニシさん、いや、タニシ師匠。。!あなたおかしいですよ。!笑

タニシ師匠の身に危険が及ばないことを筆者は心から願っております。

【スポンサーリンク】


 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。