有働アナはゼロの評判が悪すぎて期待はずれ?つまらない、がっかりなど批判がひどい!

エンタメ

夜の報道番組、news zeroに有働由美子アナが抜擢されましたね。

しかしそんな彼女に「つまらない」「がっかりした」などの批判の声が集まっています。

調べたのでまとめていきたいと思います!

 

有働由美子プロフィール

有働由美子(うどうゆみこ)1969年3月22日生まれ、身長162センチ

大阪府出身のアナウンサー、元NHK所属

1991年にNHKにアナウンサーとして入局し、当初はスポーツ番組を担当しておられました。

1994年4月から「おはよう日本」のMCを担当(1997年3月まで)

1997年4月から「サタデースポーツ」のMCを担当

2000年に紅白歌合戦の初司会

2006年から「スタジオパークからこんにちは」の司会を担当(2007年6月まで)

2007年6月から2010年3月までアメリカ総局に移動

2010年から情報番組「あさイチ」の司会を担当

他にも真田丸や、龍の歯医者などのナレーションも担当

2018年3月をもってNHKを退職して、フリーアナウンサーに転身した

皆が知っているような番組の司会やMCをされていますね^^

そんな有働さん、学生時代からとても賢い方だったようで。。

出身高校は大阪府の北野高校 偏差値75(超難問)です。

同校は1873年に開学した伝統校で、大阪でもトップクラスの進学校として知られています。

中学・高校と通して剣道部に所属するなどスポーツが好きだったようです。

本当に文武両道ですね。。!

大学は神戸女学院大学 文学部 偏差値48(やや容易)だったそうです。

本来は弁護士を志すため、第一志望に大阪大学の法学部だったみたいですが、受験に失敗して同大に進学されたようです。

大学生時代は、大学祭の実行委員としてアクティブに活動しながら、アナウンサーを目指します。

NHK入局後は数々の人気番組の司会やMCを歴任して、同局の看板アナウンサーとなっています。

49歳でフリーアナウンサーに転身して大きな話題となりました^^

スポンサーリンク


ゼロの視聴率急降下、評判悪すぎて早期降板の可能性も。。

2018年10月から報道番組news zeroが、フリーアナウンサーになった有働さんをメインキャスターとして迎えてスタートしました。

しかし、有働さんの評判が非常に悪いようです。。

番組冒頭、白い背景のスタジオに1人で登場した有働は「どうも。こんばんは。はじめまして。有働由美子と申します。『news zero』を引き継がせていただくことになりました」との挨拶に続き、同日発表されたノーベル賞「医学生理学賞」に決まった京都大学の本庶佑特別教授を祝福し、「こんな日に『news zero』を始めることができて、ありがとう‥‥は変だな。本当にうれしいです」と語った。

その後に登場した月曜レギュラーの櫻井翔から「CMにそわそわしすぎ」とイジられ、苦笑する一幕も。そして「第一発目を始めます」と発声し、通常の進行となった。

視聴者からは早速「『こんな日に』でなく『このような日に』だと思います。その後『第一回目を開始します』を『第一発目を始めます』」との残念な指摘を受けたほか、緊張しているのか言葉もたびたび噛んでしまい、ベテランアナらしからぬ喋りだった。

意見としては「初々しくていい!」「今までのお堅い感じが有働さんで柔らかくなった印象」など、応援する声もあったが「期待はずれ。下手さにビックリしました」「インタビューでは相手の話をまず聞く姿勢持って。宮根(誠司)並みに話の腰折っててイライラした」など、ガッカリした視聴者も多かったようだ。

「まず、コメンテーターの言葉に被せて発言するのが気になりました。また、発言前に『えー』って何度も言うのも気になりましたね。『一発目』発言も品がない。朝の情報番組と夜のニュース番組の違いがわかっていないと思います」(芸能ジャーナリスト)

下品な言葉から親しみは生まれてこない。

有働アナが登場した初日(1日)は10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と2ケタに乗せて好発進。翌2日は、有働アナと日テレには縁のないタモリとの対談が注目を集めたのか、10.4%までアップした。しかし、その後が続かなかった。3日は7.9%と急降下。4日は8.4%と、やや持ち直したが、5日は6.6%と急落した。

10月初週の平均は8.7%で、前週(9月最終週)の7.34%からはアップしたものの、“話題性”を考えると物足りない数字。特に3日目から一気に急降下したのは、大きな不安材料だ。

「日テレは有働アナを高額ギャラで招へいするにあたって、櫻井翔を除く、すべてのタレントキャスターを切り、サブキャスターを務めていたフリーの小正裕佳子アナも降板させました。それは有働アナのギャラを捻出するためでもあるのですが、メンバー的にはかなり寂しい陣容になった印象が否めません。有働アナを起用した以上、同局的には10%超えを目標値に設定していたはずですから、週平均8%台では期待外れでしょう」(スポーツ紙記者)

番組内容にも、視聴者の不満が噴出している模様。有働アナは「みなさんと一緒に考えるニュース番組」をテーマに、Twitterを通じて、視聴者の意見を積極的に取り上げる意向だったが、それも最初の2日だけ。3日目からは、視聴者の声に向き合うことはほとんどなくなってしまった。報道番組でありながら、有働アナのノリはNHKの情報番組『あさイチ』時代のまま。有働アナがニュースについて、掘り下げたコメントを発するわけでもなく、なんとも“薄っぺら”な内容にとどまっている。

「有働アナは現場取材にこだわったジャーナリストを標榜していたはずですが、今のところ、取材に出たのは、5日オンエアの北海道応援企画の回のみ。このときは、地震から1カ月がたち、北海道と、西日本豪雨被害を受けた広島を訪問しましたが、もう少し近場でもいいので、時間のある昼間に、現場に出た方がいいのでは? 降板になった小正アナは積極的に現場取材を行っていたので、好感がもてました。メインとサブで、立場が違うとは言え、ただイスに座って番組進行をするだけでは、『楽をしている』との印象が拭えないでしょう」(テレビ誌関係者)

現状、視聴者も戸惑いを隠せない新生『zero』だが、このまま迷走が続き、視聴率も低迷するようなら、有働アナの“早期降板”の可能性も浮上しかねないだろう。

有働アナをメインキャスターにしたことによってタレントキャスターも、サブキャスターも切ったんですね^^;

それでは期待値も上がりますよね。。。。

スポンサーリンク


ネットの反応

「有働アナがある程度フリーで話せるような現時点での構成からすると、1時間の放送時間では少々足りないかもしれませんね。有働アナのトークのせいで、伝えるべきニュースの情報が薄まってしまい、報道番組としては不十分なものになりかねない。ただ、せっかく有働アナを起用しているのだから、普通のストレートニュースだけをやっていても意味はないということで、これから視聴者の反応を見つつ、いいあんばいを探っていくことになると思います」

「12年続いた村尾信尚キャスターをクビにして有働アナを起用しているわけで、日本テレビとしても相当気合が入っていることは間違いない。鳴り物入りのリニューアルなのだから、全く話題にならないよりは、良くも悪くも話題になったほうがよいという判断なのでしょう。そういう意味では、まずまずの滑り出しだということです」

まとめ

結局のところ賛否両論みたいですね。。

本人は一生懸命でしょうし、そこの気持ちを汲んでいらっしゃる方も少なくはありませんでした。

しかし期待値が高ければ高いほど、やはりお仕事ですし結果を出さなければいけないのではないでしょうか。。?

厳しい世界ですが頑張ってほしいと思います。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。