宇野昌磨い小さすぎ、チビすぎるの声?現在の身長と病気の関係性は?

エンタメ

フィギュア選手として活躍中の宇野昌磨選手!

宇野昌磨といえば、小さい身長が気になる人も多いのではないでしょうか。

身長が小さいのは病気だから、なんて噂もあるほどいろんな憶測が飛んでいるようです。

そこで宇野昌磨の小さい身長は病気のせいなのか、真実に迫りましょう!

 

スポンサーリンク


宇野昌磨のプロフィール

本名 宇野昌磨
生年月日 1997年12月17日
年齢 17歳
出身地 愛知県名古屋市
血液型 B型
身長 159cm
体重 48kg
在学校 中京大学附属中京高等学
第83回
全日本フィギュアスケート
ジュニア選手権
優勝 210.72
2014/2015
ISUグランプリファイナル
優勝 238.27
第83回全日本フィギュアスケート選手権 2位 251.28
第64回全国高等学校
フィギュアスケート競技選手権大会
(インターハイ)
優勝 239.07

全日本ジュニア選手権で3回転アクセルを跳んで優勝しましたが、4回転は跳べるのか?というところにも注目されていたみたいですね!

今シーズンのアジアフィギュア杯で初めて4回転トウループを成功させました。

その後の大会でも成功させているため、完全に4回転は会得していますね!

ただ、ジャンプの中では一番易しいとされるのがトウループですので、これからどんどんと難しいジャンプに挑戦していって欲しいですね^^

 

宇野昌磨に小さすぎ、チビの声

スポンサーリンク


現在の身長と病気の可能性は?

宇野選手に、病気なのではないか?という声が上がっていますね。。。

身長が低い病気、「低身長症」というみたいです。

一口に低身長症といいましても、その原因や症状はさまざまなものがあるようで。。。

もっとも代表的なものは成長ホルモンや甲状腺ホルモンの分泌が不十分なために発症するものです。

これらはホルモン注射などの治療をすることで徐々に治るといいます。

もう一つの代表的なものは染色体の異常による先天性の低身長で、一般的にはターナー症候群と呼ばれています。

この病気の特徴は手足のバランスが比較的良いですが、心臓病や難聴などの合併症の不安があることです。

このターナー症候群も、成長ホルモンや女性ホルモン治療を行うことで改善されることがあるといいます。

三つめは骨や軟骨の病気です。

そもそも骨に異常があると、あまり身長が伸びませんが、胴体に対して手足の長さが短くなるなどの傾向が見られます。

最後は臓器の異常です。

心臓や肝臓、腎臓、消化器官などの成長が不十分で、栄養をしっかりと取り込むことができず、低身長になります。

低身長症という病気はこの五つの症状が代表的なそれとなります。

それでは、宇野昌磨はこれらの病気の症状にあてはまるのでしょうか…?

調べてみたところ、病気の可能性は薄いようです。

宇野選手の現在の身長は159センチだそうです。

高校2年生の平均身長は169センチですからそれほど低いというわけでもないようですし。。。

今が成長期なので伸びも期待できますよね^^

 

まとめ

これからもどんどん活躍してほしいですし、絶対王者の羽生結弦選手を追い越す選手になってほしいですね^^

これからフィギュアスケートのシーズンですので、今後の活躍を期待したいところです。

スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。