若月佑美の卒業後の活動は女優で事務所は移籍?演技力や二科展での絵画の技術もヤバい!

エンタメ

卒業後、「今日から俺は」や二科展の絵画で話題の若月佑美さん。

彼女の演技力や絵画の実力について調べてみましたので、まとめていきたいと思います!

 

若月佑美とは?

若月佑美(わかつきゆみ)

生年月日 1994年6月27日(24歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県富士市
身長 157 cm
血液型 O型
職業 女優画家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台バラエティ
活動期間 2011年 –
事務所 乃木坂46合同会社
主な作品
舞台
『「2LDK」-2013-』
ヴァンパイア騎士
嫌われ松子の一生
鉄コン筋クリート
備考
乃木坂46元メンバー
(2011年 – 2018年)

小学生時代、行事の実行委員を務め[3]、クラスで1番か2番の成績だった[4]。小学校を卒業後、カトリック系の女子中高一貫校へ進学し[5]、美術大学を目指して[注 1]、演劇部[4]、美術部に入部しながら[3]、絵画教室に通い[注 2]、抽象絵画[3]、油絵を描いた[7]。ところが、高校2年生の時[8]、進学した学校に優秀な学生が集まっていたことから埋もれてしまい、自分自身の気持ちに疑問を抱き始めた[4]。そして進路に迷った結果[8]、小学生時代に『天才てれびくん』という番組を観て[4]、モデルを夢みた昔の自分の気持ちを思い出し[9]、その夢を追うことを決めた[8]。高校2年生の夏、インターネットで乃木坂46の1期生オーディションを見つけて応募した[注 3]

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではSONOMIの「一人じゃないのよ」を歌った[1]。その後、通っていた学校が芸能活動に厳しかったため[4]、静岡県の高等学校から東京都の高等学校へ転校した[9]。2011年11月11日、乃木坂46公式ブログを開始した[10]。2011年12月12日、乃木坂46の活動を自粛した[11]

2012年1月5日、乃木坂46の活動を再開した[12]。2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」のカップリング曲「左胸の勇気」「乃木坂の詩」でCDデビューした[13]。2012年9月5日、『第97回二科展』のデザイン部A部門で芸能人として初入選した[14]。2012年10月15日、『Futureしずおか』(静岡新聞社)の公式サポーターに就任した[15]。2012年11月、『Rの法則』(NHK Eテレ)に出演を開始した[16]

2013年3月、高等学校を卒業した[17]。2013年4月6日、『BAD BOYS J』(日本テレビ)でテレビドラマに初のレギュラー出演を開始した[18]。2013年5月、『16人のプリンシパル deux』で主要十役を制覇した[19]。2013年9月4日、『第98回二科展』のデザイン部A部門で再入選した[20]。2013年9月10日、『静岡新聞広告賞2013』の公募部門審査員特別賞を受賞した[21]

2014年9月3日、『第99回二科展』のデザイン部A部門・C部門の2部門で入選した[22]。2014年9月21日、『乃木坂って、どこ?』の「乃木坂46 画王決定戦」で日村勇紀をデッサンしてベスト3に選ばれた[注 4]。2014年12月18日、『POKER FACE』で初の単独表紙を務めた[24]

2015年1月10日、乃木神社で成人式を迎えた[25]。2015年9月2日、『第100回記念二科展』のデザイン部A部門(自由テーマ・ポスター)で入選した[26]。2015年12月26日、アップル専門誌『Mac Fan』で「Wakatsuki Works World」の連載を開始した[27]

2016年、『第101回二科展』のデザイン部A部門で入選[28]

2017年8月、若月に乃木坂46の3期生梅澤美波阪口珠美山下美月を加えた4名で「若様軍団」を結成[29][30]。2017年9月、『第102回二科展』のデザイン部A部門で入選[31]。2017年10月11日発売の乃木坂46の19thシングル「いつかできるから今日できる」のType-Bにカップリング曲として「若様軍団」の「失恋お掃除人」が収録された[32]。 2017年11月7日、初の写真集『パレット』を発売[33]

2018年9月、『第103回二科展』のデザイン部A部門で入選[34]。2018年10月1日、自身の公式ブログで11月30日をもって乃木坂46から卒業し、卒業後も芸能活動を継続することを発表[35][36]。2018年11月1日から4日まで開催の「大道芸ワールドカップin静岡2018」オリジナルTシャツのデザインを担当[37]。12月4日、日本武道館で「卒業セレモニー」が開催され、乃木坂46を卒業した

スポンサーリンク


演技力や二科展での絵画の技術がすごいの声!

まず、大前提として若月佑美は国立新美術館で行われる「二科展」に5年連続で入賞しているという確固たる実績を持っています。

古い歴史を持つ二科展では、安易な集客の為のタレント枠などは通用しません、入選した著名人の一例として石坂浩二さんや黒澤明さんが過去に入選してますが、5年連続で入選しているのは芸能界では若月佑美ただ一人の快挙であり、お墨付きの才能があると言えます!

そして若月さんの演技力ですが、若月さんは小学校卒業後、中高一貫校に入学し、演劇部に入部していました。

また、「乃木坂46」は女優活動に力をいれているグループであることは有名で、メンバーの中でも若月佑美さんの演技力は高く評価されています。

女優活動として舞台への出演が多く、着実に力をつけてきている一面が若月佑美さんにはあります。

以下演技の感想です↓

犬天で初めて演技を見てあまりの迫力にびっくりしてしまった!アイドルとして女優としてそして一人の女性こんなに色んな輝きを放てる宝石は存在しないだけど多彩な輝きを放てる乃木坂の宝石若月佑美はいつまでも輝いて行く!!

若月佑美さんは最後におっしゃられていた通り、主役が格好良くなるようヒロインの役目を全うすることができていたのではとそう思える演技だった。主役の喜矢武豊さんはもう常に演技が力強い。犬夜叉として先頭になり引っ張っていらした。また続編があれば是非観に行きたい。

桜井玲香バージョンに続いて、若月佑美バージョンの「嫌われ松子の一生」を見ました。松子になりきった細かな仕草、表情は数々の舞台を経験してきた女優若月の本領発揮で、迫力の演技でした!松子の激しすぎる人生のインパクトが強すぎて、しばらく余韻が続きそうです�

乃木坂の若月佑美ちゃんが主演のヴァンパイア騎士を見てきました。

出演者全員が女性の宝塚的な世界が新鮮でした!若月佑美ちゃんの演技は、安定のうまさでした!

若月佑美さんよかった。目立ってたとかじゃなくてあの世界を成立させる役者としてよかった。歌や踊りのミュージカルじゃなくてもっと大きなステージじゃなくて、この独特の場所でこういう演目で今の若月さん見られて本当にうれしい〜どんどんいろんなタイプの演技仕事してほしすぎる。。

演技の評価はいいですね!

舞台を中心に女優として活躍してきた若月佑美さん。

『今日から俺は』ではゴリゴリのツッパリを演じてくれます。

若月佑美さんの新しい演技も楽しみにしたいですね!

 

今後の活動は女優!事務所は移籍

乃木坂卒業後も芸能活動を続ける意向を示した若月さんですが、今後は女優として成功することが夢のようです^^

舞台やドラマ、映画で活躍したいと考えていらっしゃるようですね。

是非とも頑張ってほしいと思います!

卒業の理由が「普通の女の子に戻りたい」という人もたまにいますが、ファン的にはこれはかなり寂しいですよね。。。

でも若月さんのように卒業の理由が今後女優として頑張っていきたい!というものなら素直に応援できると思います。

テレビで見られるしそれこそ、立派な女優になってくれたら嬉しいですよね。

乃木坂卒業も芸能活動は続ける意向を示した若月佑美さんですが、現在所属している事務所「乃木坂46合同会社」は乃木坂46のメンバーが所属タレントとなっています。

そのため、今後の芸能活動をするにあたって芸能事務所の移籍が必要になりそうです。

スポンサーリンク


ネットの声

スポンサーリンク


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。