• HOME
  • 記事
  • 未分類
  • 安田純平の動画に子供の声?帰国費用の支払いを拒否し国に損害賠償を請求に頭おかしいの声

安田純平の動画に子供の声?帰国費用の支払いを拒否し国に損害賠償を請求に頭おかしいの声

未分類

連日たくさんのニュースが流れている安田純平さんですが、帰国費用や過去に損害賠償請求をしていたことが話題になっています。

さらに拘束されていた時の動画に子供の声が入り込んでいたことが判明したようで。。。

また批判の声が相次いでいる状態ですね^^;

まとめていきたいと思います!

 

帰国費用は自己負担?

カタールが3億円の身代金を払い、解放された安田さんですが帰国費用について注目されています。

ちなみに2004年には安田さんと渡辺修孝さんが拘束解放されていますが、その時の帰国費用を渡辺さんが支払いを拒否したと言われています。

つまり、解放後の帰国費用は自己負担ということになりますね。。。

ツイッター上では安田さんが帰国費用を拒否して損害賠償を請求したことになっています。

結論から言うとこの情報はデマのようです^^;

ウィキペディアやネット上に存在する記事では渡辺さんが支払いを拒否し損害賠償を請求したと記載されています。

帰国費用はおいくら?と、気になるところですがまだ正確な金額が出ていませんでした。

渡辺さんが支払いを拒否した時は帰国費用は2万円程度と言われていますので、今回も2万円前後ではないかなと予想されます

スポンサーリンク


過去には国に対し損害賠償請求も。。。

安田さんが国に対して損害賠償を請求している、という情報がツイッター等で流れています。

正確に言いますとこれは現在の話ではなく、過去にあったことのようです。

安田さんは以前危険地帯であると言われていたイラクに足を運び、イラクの武装勢力に誘拐されてしまいました。

その際の日本政府の対応がこちら

・イラクで安田純平が誘拐される

・イラクの武装勢力は日本政府に対し自衛隊の撤退を求める

・小泉首相は「自衛隊の撤退はなし」と宣言

・その後、安田純平は解放された

・共に捕まっていた渡辺氏が帰国費用の支払いを拒否

・自衛隊を撤退させなかった日本政府に対し損害賠償を求めた

当時の小泉首相は、自衛隊の撤退には応じなかったですが、イラクで誘拐されたジャーナリストの救出に全力を尽くすように指示を出しています。

だからこそ、2人は無事に救出されたのです。

そして帰国の際の費用も政府が肩代わりしたのにも関わらず、その費用の支払いを拒否し、日本政府への逆恨みから損害賠償請求の訴訟を起こしています。

国を相手に損害賠償請求を起こした理由は、「自衛隊を撤退させなかったため、拘束によって肉体的・精神的な苦痛を受けたため」ということだったようです。

ネットでは自ら危険地帯へ行き、捕まったから助けてくれと叫び、無事に帰国できたのにも関わらず「なぜ自衛隊を撤退しなかったのか!」と文句を言う意味が分からない、理解不能だ、と炎上しています。

裁判の結果はジャーナリスト側の敗訴だったそうです。。。^^;

 

安田純平の動画に子供の声

ネットでは安田さんが拘束されていた時の動画に子供の声や鳥のさえずりが聞こえていることが話題になっています。

この動画で安田さんが「日付」を言っているときに、周囲で子供の声が聞こえます。

時間帯で言えば動画の「0:11」からです。

戦場で撮影されたと思われる動画ですが、子供の声や鳥のさえずり、左の男の銃の持ち方など不審な点がある模様。。。

この点に疑問を持つ声がちらほら。。。

言われてみれば、後藤健二さんが拘束されていた時と比べ、やや不審な点が目立ちますよね。。。

仮にも戦地であるのにも関わらず、子供の声や鳥の声が聞こえるのは違和感がありますよね。

さらに背景の様子も指摘されています。

まだ不確定ですが、背景に移っている植物は中東で見ることのできる植物なのかどうかという疑問の声もあるようです。

これは個人的な意見なのですが、どうも動画を見ていると戦場で撮られた、という緊迫感がないように思います^^;

スポンサーリンク


ネットの声

▷安田純平は迷惑かけたのに謝らないし頭おかしい?ふざけるなやムカつくの声も

スポンサーリンク


  1. この記事へのコメントはありません。